ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「明日の記憶」

<<   作成日時 : 2006/06/08 03:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 2

画像


映画 「明日の記憶」 を観ました。

若年性アルツハイマー病を患い不安にかられる男と
彼を必死に支えようとする妻の姿を描いた感動作です。

若年性アルツハイマー病といえば、去年の韓国映画
「私の頭の中の消しゴム」を想い出します。
こちらも悲しい映画でしたが、主演が美男美女のカップルであって
ファンタジーの要素を多分に含んだ作りで、スクリーンの上のお話だと
割り切ることも出来ました。

今日の映画の主人公、渡辺謙扮する佐伯は49歳(私と同じだ)。
働き盛りでバリバリ仕事をこなすが、そのために家庭を顧みないこともままあった様子。

まあ、どこにでもいる夫婦といえるでしょう。
その夫がアルツハイマー病を宣告されてしまう。

高齢化社会の現代において、認知症やアルツハイマーという言葉は
私たちにとって、非常に身近なものとなっています。

近親者のなかに介護を必要とされる方がおられる方
あるいは介護に関する仕事を実際にされている方など、きっと多いことでしょう。

この映画で描かれていることは、とても現実的でリアルなものとして
私たちに提示されました。

渡辺謙さんの演技はさすがというべきでしょう。
特筆すべきは、その妻・枝実子を演じられた樋口可南子さん。

単に献身的なんて言葉を遥かに超えて、夫の痛みを共有しようとする
妻の覚悟、その静かな強さ、美しさを、抑えた演技で表現してくれました。
独り身の私には、その姿は神々しいとさえ思えるものでした。

随所に泣かせどころがあり、涙腺の弱い方などひとたまりもないことでしょう。

ただし細部まで作りこんであるように思える反面、娘夫婦の存在が
結婚式のエピソード以外に、生きていないように思えました。
坂口憲二クンなどは、もったいないなあと思います。

映画が進むにつれ、当然のように病状が悪化していきます。
観ているにも辛いのですが、暗い悲しいだけではなく
主人公もその妻も、懸命に病気と戦っていることが描かれ
それが観客に伝わってきて、何故か勇気をもらっている様な気にさせてくれました。

奥多摩と言う設定の、吊り橋を二人が渡るラストシーンが印象的でした。
そのわずか前の再会のシーンでは、ついに夫は妻を理解し得なくなっているのでした。
夫婦は新たな段階へ戦いを挑むため、橋を渡るかのようでした。


劇中唐突に思えたほどに、懐かしい洋楽2曲が挿入されていました。
スリー・ドッグ・ナイトの「喜びの世界」とショッキング・ブルーの「悲しき鉄道員」。
いずれも私の世代では、知らぬ者のいない大ヒット曲ですが
前者は多少は頷けるものの、後者は?と思いました。これはどういう意味があったのでしょうか。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
????ε???
&?&&&&&&ε&&&&?&??&&&&&&&&?&&&&〓&&&&?&&??&&?貽&&&&&&&?&&&&?&&?&)&?&?&?&?&&&&&?&&&?&&??&?&&?&?????&&?&&?&&&&&&?&&&&&&&Ф?&&&?&&9&&&&&-&&&&&&?&&&&&&&&??&?-&&&&??&&?&&??&&μ&&?&&&&&&&&&?&&&&?&&&&?&&&&&&?&&&&&&?&&&?&&&ο??&&?&&?&&??&&&&Ω&???&&Τ?&&&&?&?&??&л?&... ...続きを見る
????)?????
2006/06/08 22:55
明日の記憶/堤幸彦
人が存在する理由、それは必要だと言ってくれる人がいるからだと思います。この映画は、若年性アルツハイマーに犯された佐伯雅行という人物(渡辺謙)が、妻(樋口可南子)に支えられながら、病気を受容して生きて行こうとする姿を描いた物語です。 ...続きを見る
文学な?ブログ
2006/06/10 16:20
Memories Of Tomorrow
『明日の記憶』 大手広告代理店の部長を務める佐伯雅行(渡辺謙)は、50歳を目前に大きなプロジェクトと娘の結婚を控えていました。そんな仕事も家庭も順風満帆だった中年男性に突如、病が襲います。病名は若年性アルツハイマー。 この病は決して他人事ではなく、実際に誰の身にも起こり得る事なので観ていて胸の痛む思いでした。渡辺謙と樋口可奈子の力のこもった演技は強く感銘を受けます。 [:URL:] 『明日の記憶』 ...続きを見る
Tokyo Bay Side
2006/07/21 23:08
【劇場鑑賞51】明日の記憶(MEMORYS OF TOMORROW)
『お前は平気なのか? 俺が俺じゃなくなっても。』 ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2006/07/23 21:33
明日の記憶
明日の記憶を観た。@マレーシア航空機内 ...続きを見る
活きた金の使い方
2007/01/06 23:33
アルツハイマー、原因のひとつ解明
アルツハイマー病発病原因のひとつが、佐賀女子短大(佐賀市)の長谷川亨教授(61)によって解明されたそうです。老化で神経細胞の働きが抑制されると、アルツハイマー病を引き起こす物質「ホモシステイン酸」が脳の神経細胞死を招く働きをすることを実験で示した。老化が進み、神経細胞の働きが弱くなると、ホモシステイン酸が細胞内に有害物質を蓄積させ、別の原因物質と組み合わされることで細胞死することが分かった。若い世代では、ホモシステイン酸があっても、有害物質が蓄積されていないため、神経細胞死ま... ...続きを見る
ニュースやら、情報探しに、今熱闘(ネット...
2007/03/05 18:54
老人ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
物忘れの老人ぼけ、記憶障害の痴呆、脳に炎症脳機能低下アルツハイマー病 ...続きを見る
お得情報の豆知識
2007/04/01 21:24
鴎+&明日の記憶
明日の記憶は私の頭の中の消しゴムを見た時と同じ様な感じだけど 恋人同士と違って夫婦の話で明日の記憶の方が内容が良かったし 俺は20代もアルツハイマーは他人事で無く誰でも発症の可能性あり 渡辺謙は鍵師の頃から好きだがハリウッド進出してから凄く良くなって 結論を言 ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2007/07/05 20:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。Mr・Gさん(~o~) 49歳同じ年です。8月になれば 大台です。フォエヴァー・ヤングですね。今月25日 いよいよ『トム・ダウド』見に行きます。メル彼と 3度目のデートです。初デートはボブ・ディラン自伝映画『ノー・ディレクションホーム』です。最後のデートとならぬよう はりきってます!!
           
和登さん
2006/06/08 17:34
和登さん、デートですか。いいですねえ。
羨ましい限りです。応援させていただきます。
是非また感想など、お聞かせ願えれば幸いです。
またお寄りください。
Mr.G
2006/06/09 03:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「明日の記憶」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる