ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「奇跡のシンフォニー」

<<   作成日時 : 2008/05/15 01:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 0

画像



映画 「奇跡のシンフォニー」 を観ました。

孤児の少年が音楽と出会い、音楽によって両親とのきずなを
取り戻す感動のファンタジードラマ。

『ネバーランド』『スパイダーウィックの謎』の子役
フレディ・ハイモアが主人公の少年を好演。

少年を音楽の世界へと導く元ストリート・ミュージシャンを
ロビン・ウィリアムズが演じる。

監督は『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』で
脚本を手掛けたカーステン・シェリダン。

音楽が人に与えてくれる不思議な力と親子愛が、感動の涙を誘う。

----------------------------------------------------------

またしてもフレディ・ハイモア君の作品です。

天才子役と言われるだけあって、今回も見事な演技でした。
孤児の少年役でしたが、児童福祉局の職員(テレンス・ハワード)
との面接シーンのようなちょっとした場面で上手さが光りました。

”顔も名前も知らない両親と自分は、心に聞こえてくる音を
通じてつながっている。”と信じるフレディ君。

この一言で結末は読めてしまいそうな、これぞご都合主義と
いうようなファンタジー・ドラマでした。

大団円をけなしているのでは決してなく、映画は楽しくて
ハッピーエンドじゃなくちゃ、という考え方も悪くはありません。

暗い作品の方が、より高尚なイメージがあるようですが
要するに、観る人が納得できるかどうかなのだと思います。

それにしてもこの邦題は如何なものでしょうか。
あまりにヒネリがなく、手堅すぎて感心出来かねます。

ちなみに原題は”August Rush”
映画を見れば判るのですが、これはフレディ君の芸名で
これとて思いつきでつけられた、さほどの意味はないものなので
ここぞ宣伝マンのセンスの発揮しどころであった筈なのに。

マーケティングがどうのとかいっていると、かつてのような
万人が唸るような邦題は出て来ないでしょうね。

この映画の見どころは音楽でした。

特にフレディ君の天才ぶりが、実に楽しかったです。
ギター(Gibson J-200)を初めて手にすれば、
オープン・チューニングにして、タッピングで弾き始めます。

それはジミー・ペイジやマイケル・ヘッジスも真っ青なもの。
人に教わることがなければこうなるはず、がチャンと描かれていました。

ピアノを前にし、音符と言うものの存在を知ると、
すぐに作曲を始め、なんとジュリアード音楽院に入学、
授業も上の空で、ノートにいたずら書きをするように
あっという間にラプソディーを完成させてしまいます。

これぐらい極端に描いてくれれば満足でした。
なんたってファンタジーですから。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
奇跡のシンフォニー
「奇跡のシンフォニー」の試写会に行って来ました。 会場のよみうりホールは、いつも通り長蛇の列で凄い人で溢れ返っていました。 ここは開場間際になると、1階から7階まで階段で昇る事になるので、ちょっと辛いです(&gt;▽この映画が観たくなった 参考になった つまらなかった どれかをクリックして下さい。 よろしくお願い致します。 ...続きを見る
アートの片隅で
2008/06/18 00:37
奇跡のシンフォニー
数か月で多くの努力を抜いた天才子供 ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2008/06/18 12:31
『奇跡のシンフォニー』
6月公開作の中でなにげに一番期待をしていたフレディ・ハイモア主演の『奇跡のシンフォニー』を新宿で観てきましたー。 ...続きを見る
cinema!cinema!〜ミーハー映...
2008/06/24 20:24
奇跡のシンフォニー
予告を見ただけで涙・涙だったので、、、泣く気満々で鑑賞―【story】孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの音楽の才能は開花。同じころ、離ればなれとなっていた両親も、それぞれの思いを胸にニューヨークへと赴いていた―     監督 : カーステン・シェリダン【comment】        うっそ〜〜〜泣かなかったっヤバイですよ、これは。年々涙腺が緩くな... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/06/27 18:04
奇跡のシンフォニー
 東京から帰ってきて観てきました・・・それも2本。(←馬鹿)さてこの映画、非常に ...続きを見る
eclipse的な独り言
2008/06/28 07:06
【映画】奇跡のシンフォニー
■動機 劇場配布広告にて見覚えのある少年に惹かれて ■感想 もうちょっと、なにか物足りない ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2008/06/29 11:31
★「奇跡のシンフォニー」
ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ」に行ったいつでの2本目。 1本目は「ミラクル7号」。 こちらは、天才子役フレディ・ハイモア君の感動作。 品がある顔なのに、何故か暗い役が多い気がするけど。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2008/07/06 03:28
奇跡のシンフォニー♪♪AUGUST RUSH
 音楽♪の力が奇跡を呼び起こす &nbsp; 6月27日、MOVX京都にて鑑賞。人気子役?というより、人気俳優の一人という方がいいかも。ご存知 フレディ・ハイモア君が主演です。最近はさまざまな作品で大活躍のフレディ君。今年で16歳ということですから、高校生なんですよね。いつまでも幼く見えますが。将来はどんな感じの役者さんになるのでしょうか? &nbsp; ということで、彼が主演の「奇跡のシンフォニー」。鋭い音楽感性を持つエヴァン・テイラーという11歳の少年。彼は親の顔も知らず、男子養護施... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2008/07/06 23:44
『奇跡のシンフォニー』'07・米
あらすじ11年と16日、施設で孤独な日々を耐えていた少年。「パパとママに会いたい」その想いだけを胸にNYへやって来た・・・。感想アカデミー賞歌曲賞ノミネートアメリカ映画... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2011/12/24 09:25
『奇跡のシンフォニー』'07・米
あらすじ11年と16日、施設で孤独な日々を耐えていた少年。「パパとママに会いたい ...続きを見る
虎団Jr. 虎ックバック専用機
2011/12/24 09:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「奇跡のシンフォニー」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる