ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「空へ 〜救いの翼〜」

<<   作成日時 : 2008/11/26 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像




映画 「空へ 〜救いの翼〜」 を観ました。

航空救難団の救難ヘリ操縦士となったヒロインが、いくつもの困難を
乗り越えながら成長する姿を描くレスキュー・アクション大作。

監督は『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』の手塚昌明。

主人公のパイロット遥風を、新潟県中越地震の救出活動で活躍し、
その翌年に殉職した救難隊員を父に持つ新人女優・高山侑子が演じている。

共演には中村雅俊、三浦友和らベテランが勢ぞろい。
リアリティーを追求した迫力のレスキュー・シーンに注目だ。
                        (シネマトゥデイ)
-----------------------------------------------------------------

ヘリが活躍するアクション大作ということでした。

角川映画のイメージというと、大金を投じた大作を作るものの
スケール感はあっても、肝心のドラマ部分が薄っぺらだったり、
荒唐無稽であったりといった印象が強くありました。

本作は、スケールは若干小粒な印象ながら、
非常に真面目に作られた作品という感じを持ちました。

しかしながら、その真っ正直なところが
裏目に出てしまったという気がします。

恐らくこの監督は、レスキュー・シーンを始め、
リアリティーを追求した、緊迫感のある画作りを
目指したものと思われます。

その目論見は、一応成功しているように見えますが、
自衛隊のドキュメンタリーではなく、娯楽映画ですから
もう少しハッタリを効かせたドラマチックな演出もありだったな、
という気がするのでした。

リアリティーのある画作りが、ストーリーをも
平板にしているように見受けられました。

救難ヘリUH−60Jや救難捜索ジェットU-125A、戦闘機F−15Jなどの
メカニックに興味のある方には、たまらない映画かもしれません。

主役を演じた高山侑子ちゃんは、”期待の大型新人”との
ことでしたが、本作に関しては可もなく不可もなく
といった印象で、次作以降に期待したいと思います。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「空へ -救いの翼 RESCUE WINGS-」 人を守る力
ゴジラシリーズや「戦国自衛隊1549」等、手塚昌明監督の作品はあまりいいと思った ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/01/11 12:00
空へ −救いの翼 RESCUE WINGS−
本日はMOVIX利府に映画を観に行ってきた〜。 ...続きを見る
欧風
2009/01/13 08:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「空へ 〜救いの翼〜」  ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる