ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ザ・ムーン」

<<   作成日時 : 2008/12/12 01:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




映画 「ザ・ムーン」

サンダンス映画祭のワールド・フィルム部門観客賞をはじめ、
世界各国の映画祭で賞に輝いた話題のドキュメンタリー。

人類が初めて月に降り立ってから約40年、月に赴いた
宇宙飛行士たちの証言とNASAの蔵出し初映像などを基に、
宇宙体験の感動をよみがえらせる。

アポロ計画の宇宙飛行士たちが多数登場するほか、
『アポロ13』の名匠ロン・ハワード監督が参加。

初めて公開される驚異のオリジナル映像の数々が見どころだ。
                    (シネマトゥデイ)
---------------------------------------------------------

アポロ11号が月面着陸をした時のことは
今でもはっきりと憶えています。

誰もがみんなTVの画面に噛り付いていました。

第一歩を刻んだアームストロング船長の有名な言葉、
”これは一人の人間には小さな一歩だが、
人類にとっては大きな飛躍だ。”も忘れていません。

このドキュメンタリーには、当時みんなが感じた
ワクワクする高揚感がしっかりと捉えられていました。

ケネディが演説で言ったことが実現したのです。

いかにソ連との競争であれ、ベトナム戦争から人の目を
そらすためであれ、あるいは莫大な費用が掛かったとはいえ、
あの偉業を世界の人々は、”人類の偉業”と讃えました。

国も人種も超えたところで、人類を一つにしてくれた
あんな最良の体験は、ほかにあったでしょうか。

この映画の素晴らしさは、それを想い出させてくれたこと。

見たことの無い貴重な映像がテンコ盛りでした。

とりわけ飛行船から見た地球の美しさ。

エリート中のエリートである、当時のアポロ計画に参加した
宇宙飛行士の面々のインタビューは、さすがにユーモアや
ウィットに富んでいて、興味深いものでした。

ヤラセとかトリックだとか言われたこともある
あの”奇跡”の瞬間を体験出来る映画でした。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ザ・ムーン」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる