ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「アンダーカヴァー」

<<   作成日時 : 2008/12/13 03:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




映画 「アンダーカヴァー」

1980年代のニューヨークを舞台に、かたやエリート警察官、
かたやマフィアと交流のあるアウトローとして生きる
兄弟の壮絶な運命を描くサスペンス・アクション。

監督は『裏切り者』のジェームズ・グレイ。

主人公の兄弟を『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグと
『帰らない日々』のホアキン・フェニックスが演じ、
豪華な顔合わせが実現している。

家族のきずなを描いた重厚な人間ドラマとして、そして緊迫の
潜入捜査が展開するサスペンスとして一瞬たりとも目が離せない。
                      (シネマトゥデイ)
-----------------------------------------------------------

通好みのシブい映画でした。

一応アクション映画の範疇といえますが、
派手さは無く、重厚な家族の人間ドラマが展開されます。

全編において、終始嘘くさい過剰な演出のない
緊迫感のある場面が続きました。

ストーリーも奇抜なものは無く、エンターテインメントとして
見た場合に物足りなく感じる方もいるかも知れません。

一息つくような笑いなども一切ありませんでした。

しかし約2時間飽きることなく画面に引き付けられました。


父親とその息子兄弟を演じた3人の演技が見事でした。

ロバート・デュバル、マーク・ウォールバーグと
ホアキン・フェニックス。

とりわけホアキンの演技は、やはり上手いと唸らせます。

地味ながら、観客に媚びていない映画でした。

男くさい作品の中での紅一点、エヴァ・メンデスが
これも浮くことが無い、いかにもな好演でした。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「アンダーカヴァー」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる