ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「オーストラリア」

<<   作成日時 : 2009/02/04 04:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 5

画像





映画 「オーストラリア」

映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』の
バズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に
描く運命的な愛の物語。

主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となる
ニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』の
ヒュー・ジャックマン。

広大なオーストラリア大陸のロケーションや、主要キャストを
オーストラリア出身者で固めるなど、バズ監督のこだわりが
随所に見ることができる。            (シネマトゥデイ)
------------------------------------------------

2時間45分の大作でしたが、楽しく見ることが出来ました。

広大なロケーションをバックに描かれる大河ロマンのような
波乱万丈なストーリーは、なかなか面白かったです。

その絵作りといい、話の展開といい、分かりやすく
憎々しい悪役の描き方といい、あたかも往年の名画を
見ているような感覚を覚えた映画でした。

主演の二人がまた、いかにもな美男美女のお二人で、
ハリウッド黄金時代を思わせるキャラクターで描かれていました。

特にニコール・キッドマンの貴族の気位の高い美人妻役は
ぴったりに思えました。

彼女の整った顔とスタイルの良さは、ドレスアップした姿も
もちろん良かったですが、ラフな格好で馬に跨り牛を追う姿が
より魅力的に見えました。

一方のヒュー・ジャックマンは、野生的なカウボーイで
たくましく男くさい二枚目でしたが、舞踏会かなにかで
バッチリと決めた姿で登場するシーンでは、見事な色男ぶりでした。


コメディ、西部劇、ラブ・ロマンス、戦争映画と
観客を飽きさせない要素のテンコ盛りの作品でした。

どことなくあの『風と共に去りぬ』を連想させる映画です。

主役二人の恋愛物語にオーストラリアの先住民族アボリジニの
少年の成長物語を上手く絡めた、巧みなストーリーに思えました。

話の舞台が第二次世界大戦前後ということで、旧日本軍の
ダーウィン爆撃が描かれていて、零戦による機銃掃射などが
いきなり画面に映し出されるときは、少々複雑な心境になります。

このあたりはアボリジニの問題同様、物語の要素のひとつであって
これだけを見て、反日だ何だと言うべきものではないでしょう。

さすがに開戦時にあんなに小さい島に日本軍が上陸して、
子供が収容されているような施設を襲ったりはしていないでしょうし。

娯楽エンターテインメントとして見応えのある映画でした。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『オーストラリア』 (2008)/オーストラリア
原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェナム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオース... ...続きを見る
NiceOne!!
2009/02/24 08:54
オーストラリア
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年ナラ(ブランドン・ウ... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/03/07 20:13
「オーストラリア」 物語る本能
「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/03/07 21:04
「オーストラリア」試写会 大自然の迫力!
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫力もさることながら、西部劇風の懐かしさ、恋愛映画のロマンチック、人種差別、戦争映画の大迫力・・・・と盛りだくさんで〜 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
2009/03/08 19:08
映画「オーストラリア」
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。 ...続きを見る
FREE TIME
2009/03/09 00:35
映画「オーストラリア」
原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/03/15 19:04
オーストラリア◇AUSTRALIA
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオーストラリア版「ロミオとジュリエット」だとか・・・・・。 気位の高さそうな、サラ・アシュレイ夫人がニコール・キッドマンには似合っています。まるで人形のような顔立ちで、しかも隙のない雰囲気が漂っているところが、なんともいえません。それに対して牛追いの... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/03/20 22:09
『オーストラリア』を観たぞ〜!
『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャンル... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/03/20 22:44
「オーストラリア」
これぞオーストラリアという風景は見応えありました ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/08/21 21:11
mini review 09409「オーストラリア」★★★★★★☆☆☆☆
映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』のヒュー・ジャックマン。広大なオーストラリア大陸のロケーションや、主要キャストをオーストラリア出身者で固めるなど、バズ監督のこだわりが随所に見ることができる。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/10/20 16:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
これ、長かったんですが、ブランジェリーナの2本に比べると、長さを十分意識しちゃう作りになってて。。。 そこが残念なところでもあるのですが。
ですがオーストラリアへの愛情はたっぷりと感じた1本でしたね!
rose_chocolat
2009/02/24 08:55
rose_chocolatさん、コメント&TBありがとうございます。

確かに長いといえば長いのですが・・・・。
まあ、日本人とすると戦争映画のくだりはなくても良かったかなという気はしますが、オーストラリアの歴史を俯瞰で捉えれば不可欠なのでしょう。
Mr.G
2009/02/24 11:21
オーストラリアの歴史をしっかりと見つめ、捉えるのであれば白人によるアボリジニ虐殺行為を入れるべきでは?
酒場立ち入り禁止なんて緩い差別しか見せずに、いもしなかった日本軍に殺させたりするから「反日」と呼ばれているだけで、実際は白人による歴史的なアボリジニ虐殺を無かった事のように扱った監督への批判だと思いますが。
それは愛情ではなく「逃げ」でしょうね。
う〜ん…。
2009/03/11 11:40
やっと時間ができて行ってきました。上映時間は2時間ちょっとかな〜と思ったら終わったら11時でびっくり!
波瀾万丈なストーリーで、アボリジニの不思議な世界がからまって、戦争や人のねたみや憎しみや、大自然の驚異とか、自然に愛をはぐくむその強さとか〜いろいろてんこ盛りな内容で、あるいみつかみ所はなかったですが、ニコールの美しさとたくましさが、偽物じゃないよ〜って思わせる彼女の魅力にバーンとやられました。久しぶりの映画館だったので、ああ、やっぱ映画はいいなって思いましたよ!
sakura
2009/03/25 18:48
sakuraさん、お久しぶりです。
この映画、久しぶりに見る映画としては見所満載の格好の作品でしたね。
ニコール・キッドマンが相変わらずキレイで、気位の高そうな役はピッタリに思えました。
Mr.G
2009/03/25 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「オーストラリア」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる