ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「余命1ヶ月の花嫁」

<<   作成日時 : 2009/04/28 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像




映画 「余命1ヶ月の花嫁」

末期の乳ガンに冒されてしまい、わずか24歳でこの世を去った
長島千恵さんの愛に満ちあふれた生涯をつづる感動ストーリー。

『ヴァイヴレータ』の廣木隆一監督が、千恵さんが結婚式を挙げ
亡くなるまでの余命1か月を夫婦として過ごした軌跡を描く。

死の間際まで取材に応じ、乳ガン撲滅を訴え続けた千恵さんを
榮倉奈々が、彼女を支える恋人の赤須太郎さんを瑛太が好演。

多くの女性たちに、感動と勇気を与えた
千恵さんのメッセージに胸が熱くなる。    (シネマトゥデイ)
--------------------------------------------------

TVのドキュメンタリー番組で長島千恵さんの事を知りました。

この作品はそれを基に映画化されたもの。

それについても人それぞれ意見があることでしょうが、
果たして映画の出来は如何なものなのでしょうか。

作品のタイトルがすべてを現している通りの内容を、
名手・ 廣木隆一監督が丁寧に静かに描いていました。

映画としては難病映画、お涙頂戴映画という範疇の作品です。

こうした映画が繰り返し製作されるということは、
それだけの需要があるということでしょうから否定はしませんが、
いささか数が多すぎるという気がします。

ヒロインは榮倉奈々ちゃん。

普段はいかにもピチピチの明るく健康的なイメージのある彼女に、
難病モノのヒロインというのはそのギャップを狙ったのでしょうか。

闘病中でもその表情や仕草は可愛くて魅力的でした。

それじゃダメじゃん、という人もいるでしょうが、
私はこれでいいと思って見ていました。

青白い顔で息も絶え絶え、なんてメイクとかでどうにでもなるもので、
映画館に榮倉奈々ちゃんを観にきたファンにはこれでいいと思うのです。

ウェディングドレス姿の奈々ちゃんはとてもキレイでした。

瑛太クンは人の良さが滲み出ているような演技でした。

柄本明サンはさすがの演技で泣かせてくれます。


こういう映画を見たいなあと思った時に見に行きましょう。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
余命1ヶ月の花嫁 映画 榮倉奈々
5月の予定。 NO NEW YORK 1984-91 斜陽聖白百合騎士団真一文字 拳 THE CODE/暗号チョコラ! ミーシャ ホロコーストと白い狼上島ジェーン '''余命1ヶ月の花嫁''' バンコック・デンジャラスイル ベント エ レ ローゼ 愛するということ海の上の君は、いつも笑顔。 ...(続きを読む) チャート速報! 東方を、可憐に飛ぶ、鶴と、リンドバーグ リンドバーグ の ベストアルバム 新録音 で セルフカバー しています さて 来週の チャート 注目曲 は 今話題の 血液型... ...続きを見る
余命1ヶ月の花嫁
2009/04/28 23:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「余命1ヶ月の花嫁」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる