ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ウォーロード/男たちの誓い」

<<   作成日時 : 2009/05/16 02:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

画像




映画 「ウォーロード/男たちの誓い」

香港や台湾の映画賞を総なめにした、ジェット・リー、
アンディ・ラウ、金城武共演の歴史アクション・ドラマ。

清朝末期、太平天国の乱での実話を基に、
男たちの友情と裏切りをダイナミックに描く。

『ラヴソング』などの恋愛映画の名手、ピーター・チャン監督が
血なまぐさい激しい戦場シーンを演出し、ジェット・リーも
複雑な感情を抱える役柄でこれまでにない繊細な演技を披露。

スリリングな展開から、最後まで目が離せない。(シネマトゥデイ)
---------------------------------------------------------

男っぽい骨太の映画でした。

中国では相当に成功した作品らしいですが、
日本では果たしてどうでしょうか。

中国の歴史をある程度知っていないと話が見えにくく、
基本的に戦争のむごたらしさ、男たちの信頼と裏切りを描いた、
ヒリヒリするような緊張感を強いられた映画なのでした。

どうしても「レッドクリフ」と比較しがちですが、
同じく戦いを描いても、あちらはハリウッド・テイストの
一種ファンタジーのような味わいが感じられたエンターテインメントでしたが、
この作品は戦争のリアルな臨場感を描いて秀逸でした。

また、戦いに挑む男たちの生き方、思想、信念などに改めて、
私たち日本人との国民性の違いのようなものを随所に感じました。

それはストーリーの展開にも、いくつかのポイントとなる
いわゆる泣かせどころのシーンの描写にも、
どうしてそうなるのか、感覚的に理解できない箇所がありました。

一番の見所は主演三人の三者三様のキャラの描き方。

義兄弟の契りを結ぶものの、元々の考え方の違いから
次第にすれ違いを見せる切なさ、悲しさが伝わってきます。

これは名優たちの熱演で見事に表現されていました。

そのクライマックスが捕虜4千人を殺すシーン。
”腹が減っては戦は出来ぬ”といいますが、
乏しい食料を分けられないとはいえ、なんとむごい・・・。

ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、この3人の演技は、
他のどの映画より気合が入っていたように思います。


非常に残念に思ったは、エンドロールのALFEEの歌。
その歌がどうこうでなく、映画会社が自ら映画を貶めるかのようです。
どうしていまだにこういうことをするのでしょうか。
これが本当に観客増になるのでしょうか。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウォーロード/男たちの誓い
アジア3大スターの競演  私のお目当ては金城すゎ〜ん【story】19世紀の中国。太平軍との戦いで1,600人の兵士を失った清の将軍、パン(ジェット・リー)。街に出たパンは盗賊のリーダーのアルフ(アンディ・ラウ)、その養子のウーヤン(金城武)と出会い、昨夜ともに過ごしたリィエン(シュー・ジンレイ)がアルフの妻と知る。アルフとウーヤンは清軍に入り、3人は義兄弟の契りを結ぶことになるが―     監督 : ピーター・チャン 『ラブソング』『ウインター・ソング』≪2007年中国興行収入No,1、香港ア... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/05/16 06:59
男たちは何を誓うのか…
    注)金城武が小さくて見えないので、いつもより画像を大きくしてみた初の試み。。。いいわ〜♪『レッドクリフ』で味をしめたので(笑)苦手だった中国の歴史物に手が伸びました。金城君だし?泣けた〜(/_;)『ウォーロード/男たちの誓い』は、こういうお話だったのね〜。 ...続きを見る
美容師は見た…
2009/05/20 00:11
「ウォーロード/男たちの誓い」
「ウォーロード/男たちの誓い」、観てました。 ...続きを見る
クマの巣
2009/06/04 13:59
「ウォーロード 男たちの誓い」
こういう男の友情(義理人情)もの大好き! ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/09/26 10:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ウォーロード/男たちの誓い」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる