ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「真夏のオリオン」

<<   作成日時 : 2009/06/04 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像




映画 「真夏のオリオン」

第二次世界大戦下、アメリカ海軍駆逐艦と
日本海軍潜水艦の乗組員たちが過酷な戦況下で
ファイトマン・シップで戦い抜く姿を描く戦争サスペンス。

池上司の原作「雷撃深度一九・五」をベースに、
人気作家の福井晴敏が大胆な脚色を施して生きる喜びを
時代を超えて語り継ぐ壮大な物語に再構築した。

「イ-77潜水艦」艦長を玉木宏が演じるほか、
ケミストリーの堂珍嘉邦が親友を熱演。

海外ロケによる戦闘シーンなど迫力の映像も見逃せない。
                         (シネマトゥデイ)
----------------------------------------------

この作品は戦争映画としてみると
相当に違和感が残る映画であると思います。

太平洋戦争末期、それも敗戦迄まさに秒読みの
戦時の状況は、とてもあんなものではないと
言われるであろうことも必至であると思います。

ただしこの映画は戦争の悲惨さ、空しさを
リアルに伝えようとしたものではなく、当時を舞台に
困難を生き抜く勇気を描いたファンタジーとして
見るべき映画なのでしょう。

そうして見れば、楽しめる映画でした。

敵駆逐艦との攻防は緊張感を感じましたし、
潜水艦内の酸素が薄くなっての息苦しさも感じました。

しかし潜水艦映画というと名作「眼下の敵」を思い出します。
その内容も似ているようでちょっと分が悪いという気がします。

ですが「眼下の敵」はもう大昔の映画ですし、
生々しい殺戮シーンの出てこない、新しいタイプの戦争映画として
若い女性などにも支持されるかもしれません。

ただひとりヒロインとして登場の北川景子ちゃん。

私も好きなキレイな女優さんですが、モンペ姿もイケてました。
戦闘シーンの合間に彼女が出てくるとホッとします。

これからどんどんとキャリアを積んで
より素敵な女優さんになってもらいたいと思います。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
玉木宏 真夏のオリオン
真夏のオリオン プラモデル 1/700 米海軍駆逐艦 DE-766 パーシバル[ピットロード]《予約商品06月発売》商品価格:659円レビュー平均:0.0真夏のオリオンついさっき… 文庫小説の方を、ネットで予約した(´∀`) 早く届くといいな&#12316; 映画は13日公開! 野々市では試写会があるって! 応募してないけど&#12316;(続きを読む) チョリっと期待したい『真夏のオリオン』潜水艦モノにメガナイ おいきむ わ密かに注目♪ 邦楽ってトコロがチとマイナス点かにゃ。 ◎▼Σ...(... ...続きを見る
ニュースブログ
2009/06/08 05:08
「真夏のオリオン」 理想の上司
本作の原案となっている池上司さんの小説「雷撃震度十九・五」はずいぶん前に読みまし ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/07/05 21:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「真夏のオリオン」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる