ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「守護天使」

<<   作成日時 : 2009/06/30 01:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像




映画 「守護天使」

さえないサラリーマンが初恋に一念発起して、女子高校生を
世の中から守るために立ち上がるラブ・コメディー。

お笑い芸人・カンニングの竹山隆範が映画初主演を果たし、
純粋で人のいいサラリーマンを好演。

佐々木蔵之介や寺島しのぶ、大杉漣など強力な共演陣が、
ひと癖もふた癖もある登場人物を演じる。

監督は『キサラギ』で数々の映画賞を受賞した佐藤祐市。
主人公の突拍子もない決意と熱意に勇気をもらえる。
                            (シネマトゥデイ)
--------------------------------------------------

そこそこ面白い映画ではありました。

でも『キサラギ』の佐藤祐市監督の作品としては、
こんなものかな、という感じがしてしまいました。

確かにカンニングの竹山氏はハマリ役で、他には要所にベテランの
演技巧者を配し、ストーリーの面白さで見せてくれました。

小物などによる伏線の張り方の巧みさにも上手さを感じました。

ですがどうもストーリーにエンジンが掛かってノッテくるかと思うと
失速するということの繰り返しで、緊張感、緊迫感を感じない
ユルい展開になってしまったようでした。

コメディーともシリアスともつかない内容でしたが、
どちらかに徹したほうが良かったのではないでしょうか。

ヒロインの女子高生には忽那汐里ちゃん。

忽那は”くつな”と読むそうです。

あのガッキーの後のポッキーのCMで”おしゃれ番長”の
曲に合わせて弾けたダンスを見せてくれているあの彼女です。

カンニングの竹山氏でなくとも、一目で守ってあげたい、
と思わせる清楚な魅力に溢れた女優さんでした。

ラストで自分を救ってくれたのが竹山氏だと分かった瞬間の
彼女が見せた笑顔はどうなのでしょうか。

チャップリンの「街の灯」ではないですが、困惑した
どっちとも言えない表情であるべきではなかったかと思います。

鬼ヨメを演じた寺島しのぶさんが光っていました。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
竹山さんはデビュー当時からすると、随分と印象が変わりましたね。(当時はかなりアナーキーな人でしたね。)僕はその変わりよう、嫌いじゃないです。そして、案外役者に向いてるんじゃないか、と思ってました。ちょっと楽しみです。忽那汐里ちゃんもとてもいい感じの女の子ですね。どんな演技するのかなぁ。楽しみです。
YUTAKA
2009/06/30 02:57
そうですね。いまの竹山氏のキャラは俳優としても得がたいものがありますね。
忽那汐里ちゃんはCMでのハジけたイメージとちょっと違って、しっとりとした美少女を演じていて大物感が感じられました。
Mr.G
2009/06/30 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「守護天使」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる