ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「モンスターVSエイリアン」

<<   作成日時 : 2009/07/07 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




映画 「モンスターVSエイリアン」

『シュレック』シリーズのドリームワークス・アニメーションが、
最新3D技術を駆使して製作したモンスター・パニック・アニメーション。

ごく平凡な女性から急に巨人になってしまったヒロインが、
しぶしぶ個性的なモンスターたちと協力してエイリアンに挑む姿を描写する。

ビッグな主人公の声を担当するのは『ペネロピ』などの
ハリウッドの若手実力派、リース・ウィザースプーン。

奇想天外な勧善懲悪ドラマに最初から最後まで目がくぎ付け!(シネマトゥデイ)
--------------------------------------------------------------

最近アニメの映画を観る機会が増えました。

それにしても最近のアニメは大人が十分に楽しめるクオリティです。

なんといってもその描写力!

私たちがかつて子供の頃見ていたアニメといえば、エイトマンやビッグX、
狼少年ケンの素朴さとは比べるべくもありません(当たり前か・・・)

今作ではヒロインの髪の質感、その光沢やサラサラとなびく感じが
ありえないほどお見事でした。

ストーリーは、いかにもハリウッドの家族向け映画という感じで
日本のアニメとはまた違った、判りやすくテンポが良く飽きさせないものでした。

地球を襲うエイリアンもどこか間が抜けていて憎めないキャラでした。

この映画が大人も楽しいのは、登場するモンスターたちが
かつての名作SFのパロディーになっているところにもありました。

だいたいは登場した段階で判るのですが、”ムシザウルス”には
ビックリさせられました。

やられてしまったかと思いきや、実はサナギとなっていて
後半いいところで成虫となって空を飛び回ります。

そうあの日本映画のモスラだったのです。

アメリカの大統領がエイリアンのUFOを前にして「未知との遭遇」の
印象的なメロディーを弾いたシンセは、なんと名機YAMAHAのDX7でした。

やっぱりオヤジはこんなところばかり気になるのでした。

私が観たのは2D版でしたが、十分にリアルで立体的でしたが、
3Dで観る機会があればどんなにスゴい映像なのでしょうか。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「モンスターVSエイリアン」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる