ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ブラック・ウォーター」

<<   作成日時 : 2009/08/14 03:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像






映画 「ブラック・ウォーター」

休暇を楽しむために北オーストラリアへ旅行に出かけた若い男女の一行が、
巨大でどう猛なクロコダイルに襲われる姿を描くパニック・ホラー。

主演は、「サティスファクション」のダイアナ・グレン。

監督と脚本を務めるのは、アンドリュー・トラウキーとデヴィッド・ナーリッチ。

かつてオーストラリアで実際に起きた事件をモチーフに練られたリアルな
ストーリーで、凶暴なワニの本質を強烈にデフォルメしたクロコダイルに絶句する。
                              シネマトゥデイ
----------------------------------------------------------------------

ワニに襲われる映画でした。

いかにもB級映画って感じでいいじゃありませんか。

このテの映画は予算も少なく、有名な俳優さんが出るでもなく、
アイディア勝負で、時としてトンでもない失笑モノの作品が
出来たりするものですが、思いがけずに結構楽しめたりすると、
期待値が高くない分、すごく得をした気分になったりするのです。

この映画もナカナカ楽しい映画でした。

ワニ一匹でこれだけ緊迫感を出せたのはお見事です。

4人が乗った釣り用ボートがワニにひっくり返されて、
主人公らは近くの樹に登って避難しますが、さあこれから
どうやって脱出すればいいのか、というシチュエーション。

たったこれだけですが、90分退屈しません。

適度にリアルで、多少はそんなムチャな、というさじ加減が
上手かったのでしょうか。

登場するワニも、ありえないほど巨大というものでなく、
それもたった一匹、ここぞというときに必ず現れます。

ブラック・ウォーターというタイトル通り、マングローブの川は、
透明度がほとんどない、増水して濁ったお汁粉のような泥水の川。

目の前に見えるボートと忍び寄るワニ。

原点に立ち返ったようなシンプルなドキドキ感が味わえました。

イリエワニっていうヤツは体長6、7メートルになるそうですから
やっぱりそうとう恐いと思います。

昔、熱川のワニ園で見たヤツは、平和そうにノンビリ日向ぼっこして
みんなダラーっとしてましたが、さすが映画ではエラく凶暴でした。

それほど期待せずに、夏の涼を求めて映画館へどうぞ。
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ブラック・ウォーター」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる