ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「サイドウェイズ」

<<   作成日時 : 2009/10/06 02:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像





映画 「サイドウェイズ」

2004年のアレクサンダー・ペイン監督作ハリウッド映画
『サイドウェイ』を、海外スタッフのもと小日向文世と
生瀬勝久の主演でリメイクした大人のコメディー・ドラマ。

ワインの産地、カリフォルニア、ナパ・バレーを舞台に、
さえない40代の男二人のパッとしない人生が少しずつ
動き出していく様をていねいに描く。

二人の男の相手役には、日本を代表する女優、鈴木京香と菊地凛子。

カリフォルニアのみずみずしい風景と、甘くほろ苦い
言葉の数々がじんわりと心にしみる。      シネマトゥデイ
------------------------------- ----------------------

ハリウッド映画を日本の俳優さんでリメイクすると、
こんな感じになるんだ、というのが面白かった作品でした。

ちょっと居心地の悪さを覚えつつも、悪くない感じです。

小日向文世、生瀬勝久、鈴木京香、菊地凛子。

この4人のバランスがとても良かったです。

小日向さんも生瀬さんも、いつも見ているような役どころ。

小心者で気の優しい小日向さんはいつもながら絶品で、
対照的に、調子がよくアクの強い生瀬さんもお見事でした。

このお二人の掛け合いは安心して楽しく見られました。
でもあまりにいつもどおりで新鮮味に欠ける嫌いはありました。

鈴木京香さんも相変わらず美しく魅力的でした。

ただ彼女の役どころが、ステレオタイプな存在に思えて、
彼女のこなれた感じの演技と相俟って、彼女が演じた麻有子
という女性の人間的な魅力、面白さが希薄に感じてしまいました。

一番良かったのが菊地凛子さん。

アメリカで生まれ育って、日本語より英語が得意そうな
アメリカンナイズされた日本女性の雰囲気がとてもキュートで、
彼女にあんなチャーミングな笑顔を見せられたら、
挙式間近の生瀬さんでなくとも夢中になってしまうでしょう。

彼女のちょっと変な日本語の例えが可笑しかったです。

ちょっぴり切ない大人のコメディー・ドラマといった
映画でしたが、大人の余裕で見ないと少々ツラい作品かも・・。

ワインが好きで、ワイナリーやナパ・バレーに興味があれば
一層楽しめることでしょう。

オープニングで流れた、渡辺貞夫の”California Shower”が
懐かしくて、ちょっとウレシクなりました。

劇中の、ジェイクのウクレレもスゴくいい感じでした。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『サイドウェイズ』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「サイドウェイズ」□監督 チェリン・グラック □原作 レックス・ピケット □脚本 上杉隆之 □キャスト 小日向文世、生瀬勝久、菊地凛子、鈴木京香■鑑賞日 11月6日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 人生は出会いと別れ。 そんな大なり小なりの繰り返し。 伝えきれない“想い”は想い出にとどまるものと、 心のどこか片隅で、細く揺れるロウソクの灯りのよう。 若いころはそれを恋とも知らず、歳を重ねて... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/11/21 10:22
映画「サイドウェイズ」★映画チラシ★
映画チラシ 映画『サイドウェイズ』 ▼画像をクリックすると楽天オークションに▼ ...続きを見る
楽天オークション出品中
2010/02/07 18:54
サイドウェイズ
DVDにて観賞 ...続きを見る
A Day In The Life
2012/01/30 22:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「サイドウェイズ」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる