ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ホースメン」

<<   作成日時 : 2009/10/15 01:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

画像





映画 「ホースメン」

ハリウッド屈指のヒットメーカー、マイケル・ベイが
仕掛けるサイコ・サスペンス。

ヨハネの黙示録の四騎士に根差した連続殺人事件に
巻き込まれていく刑事の運命を、『SPUN スパン』の
ジョナス・アカーランド監督がスタイリッシュに描く。

事件の迷宮にはまり込む刑事に『バンテージ・ポイント』
のデニス・クエイド、彼を翻弄する猟奇殺人鬼に
チャン・ツィイーがふんし、新境地を開拓。

息もつかせぬ緊迫感あふれる展開に最後まで目が離せない。
                           シネマトゥデイ
-----------------------------------------------

猟奇殺人を扱ったサスペンスでした。

その犯人を演じるのが、あのチャン・ツィイーだということで、
恐らく多くの人と同じように、彼女を目当てに見に行きました。

チャン・ツィイーといえば、やはり「初恋のきた道」での、
そのあまりの可憐さが、私には忘れられません。

その彼女が演じる猟奇殺人鬼は、見た目はあの頃とさほど
変わっていないだけ、余計に不気味で恐ろしく感じました。

さすがの存在感を感じる演技でした。

妻を早くに亡くした刑事のデニス・クエイドの渋い演技もあって
なかなか通好みのサイコ・サスペンスに思えたのでした。

しかしチャン・ツィイーとデニス・クエイドとの
一騎打ちの映画と思いきや、そうではありませんでした。

いい雰囲気で話が進むミステリーに思えたのでしたが、
その展開が真っ当過ぎて、先が見えてしまうようでした。

思ったとおり、オチが弱くて今一歩の感が残ります。

ラストの犯人は、あまりに幼稚で甘ったれの世間知らずです。
もう親の苦労や本音が分からない年ではないでしょうに。

この映画、猟奇殺人ということで、かなりグロくて、
見るからにイタそうな映像が、少なからず出てきます。

そのテが苦手な方はそのおつもりで。

やはりこの映画、全編でチャン・ツィイーとデニス・クエイドとの
一騎打ちとしたほうが、断然見応えのあるものになった気がします。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
不毛地帯第2話
不毛地帯の第二話 ...続きを見る
ドラマ 不毛地帯ファンサイト
2009/10/22 16:16
ホースメン
『トランスフォーマー』のマイケル・ベイの制作で、「黙示録の四騎士」に なぞらえた連続猟奇殺人事件の謎を追う刑事を描いたサイコ・サスペンス。 事件を追う刑事に『バンテージ・ポイント』のデニス・クエイドが、 猟奇殺人鬼に『女帝』のチャン・ツィイーが扮し、チャン.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/11/06 01:32
「ホースメン」
「ホースメン」、観てました。 ...続きを見る
クマの巣
2009/11/20 11:42
「ホースメン」
チャン・ツィイーを見ることが出来たのは嬉しかったけど・・ ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2010/02/19 19:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
役者は良いが脚本がマズイ、よくあるパターンの映画のようですね。「週間朝日」で精神科医の評を読みましたがチャン・ツィイー主演で続編を作れば良いかも?との意見がありましたがどうなのでしょうか?またいくら若く見えても10代の役は無理があるのではとのプログもありましたが、実際はどうだったのでしょうか?
「あのチャン・ツィイーだということで、
恐らく多くの人と同じように、彼女を目当てに見に行きました。」
私もその中の一人です。ほんとうに魅力的な女優です。地方なのでDVD待ちなりそうです。
よし
2009/10/15 06:31
よしさん、コメントありがとうございます。
8歳で養子にもらわれて10年間地獄だった、なんてセリフがありましたので、チャン・ツィイーは18歳という設定だったのでしょうか。欧米人からみると黄色人種の女性は幼く見えるとはいえ随分ですよね。でも彼女、すごくキレイで魅力的でした。それに恐かったです。
Mr.G
2009/10/15 11:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ホースメン」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる