ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「パイレーツ・ロック」

<<   作成日時 : 2009/10/16 01:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

画像





映画 「パイレーツ・ロック」

1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを
流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする
政府の攻防を描いた痛快ストーリー。

監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。

『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマン、
『ハンニバル・ライジング』のリス・エヴァンスらが
海賊ラジオ局のクセ者DJにふんしている。

ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・キンクスなど、
劇中に流れる1960年代ロックの名曲の数々にも注目。
                        シネマトゥデイ
--------------------------------------------

文句なしに楽しい映画でした。

予告編を見た感じでは、ちょっとノリが合わないように
思えた作品でしたが、時間が進むにつれ、この世界に
どっぷりとハマってしまったように思えた映画でした。

船の上の海賊ラジオ局には、ユニークなDJたちが大勢いて、
さすがに『ラブ・アクチュアリー』のR・カーティス監督は
個性的な沢山の登場人物を捌くのが上手いなと思わせます。

前半はまったりと、ゆるゆるな感じの展開具合なのですが、
なんてこと無いような細かいエピソードが徐々に効いてきます。

もちろん全編に流れる60年代の名曲こそがこの映画の魅力です。

音楽が先なのか、ストーリーが先なのか、
場面場面で見事に画面とシンクロした名曲が流れました。

本当に心地よくて、思わず腰を浮かせたくなります。

世代的には私よりも上の、団塊の世代の方がドンピシャでしょうが、
超の付く有名曲も多いので、若い世代にも楽しめるでしょう。

ロックイコール反体制であったあの頃の、一見イケテなく見える
DJたちは、実はサムライのような、男気溢れる連中なのでした。

楽しいお祭りにも終わりが来るように、
船上の海賊ラジオ局も、ちょっと壮絶な最後を迎えます。

このラストは、いかにも絵に描いたような大団円
という感じでしたが、それでも気持ちよくて
ついついホロリとさせられるパワーがありました。

ぜひ音響の良い映画館で存分にお楽しみください。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「パイレーツ・ロック」 おかしなおかしな反乱者
イギリス人というと、クイーンズ・イングリッシュを操る格式のあるノーブルなイメージ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/11/03 13:29
パイレーツ・ロック
60年代のイギリスを舞台に24時間ロックとポップスを流し続ける海賊ラジオ局 とロックを規制しようとする政府当局の攻防を実在した海賊ラジオ局をモデル に映画化。1966年のイギリス。国営のBBCラジオはロックやポップスを1日で流す時間 を制限していた。若者をはじめ多.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/11/06 01:31
映画『パイレーツ・ロック』
ロックやポップスが完全な市民権を獲得する以前、その時代の実話に基づく映画『パイレーツ・ロック』を、TOHOシネマズ梅田で。 Story 1966年のイギリス。民放ラジオはまだ存在しない。ロックやポップスは若者を中心に人気を極めていたが、国営BBCラジオでの放送は法律によ.. ...続きを見る
健康への長い道
2009/11/09 23:30
映画 パイレーツロック
 新宿に出たチャンスに新宿武蔵野館でパイレーツロックを見た。もう神奈川での上映は終わっていたのでラッキーの一言。小さな劇場だったが意外なことに若い人たちでいっぱいだった。 ...続きを見る
フクロウと大理石
2009/12/08 21:41
『パイレーツ・ロック』 ゴキゲンなもの、それは…
 こいつはゴキゲンな映画だ。  楽しいし、笑えるし、ハッピーになれて、ロックンロールに合わせて踊りたくなる。  ロックとポップス専門&... ...続きを見る
映画のブログ
2009/12/15 23:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「パイレーツ・ロック」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる