ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「沈まぬ太陽」

<<   作成日時 : 2009/11/06 02:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像






映画 「沈まぬ太陽」

人気作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を、
壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ。

日本が経済大国へと急成長した激動の時代を背景に、
巨大企業に翻弄されながらも自らの信念を貫く男の姿を描く。

監督は『ホワイトアウト』の若松節朗、
脚本を『陽はまた昇る』の西岡琢也が担当。

組織と闘う主人公を演じた渡辺謙をはじめ、三浦友和、
石坂浩二など実力派俳優がそろったキャスティングにも注目。
                     シネマトゥデイ
------------------------------------------------

3時間22分の大作でした。

この長尺をさほど飽きることなく見せてくれましたし、
渡辺謙の演じるストイックな人間像も悪くは無かったと
思うのですが、不満に感じる点も少なからずありました。

まず何故今、この映画化なのでしょうか。

一応はフィクションとはいえ、そのモデルとなった会社や
人物には容易に想像がつくものがほとんどです。

そのことが原因で映画化が困難であったので、
今回の映画化はアッパレである、という意見がありますが、
果たしてそうなのでしょうか。

このあたりは自由の国アメリカに比べ、日本ははるかに
遅れているように思うのですが、どうなのでしょう。

素人の私が見ても、御巣鷹山とか123便とかを描いていて
それでも日本航空ではなく、国民航空とするのは
その方が不自然で奇異に思えてしまうのです。

映画の内容は、ちょっとキツい言い方をすれば、
2009年の映画として見るべきものは少なく、新鮮さの乏しい
古めかしく陳腐といってもいいものでした。

国民航空という大会社の労使のゴタゴタや、航空利権に群がる
官僚や政治家たち、それにあの大事故が描かれています。

これらは私たちの年代であれば、当時さまざまなメディアで
連日報道されたものを、今だ生々しく記憶しています。

だからこの映画に物足りなさを覚えてしまいました。

この映画の登場人物はあまりに善と悪がはっきりしていて、
特に悪役側が陳腐で、人間的な魅力が感じられませんでした。

したがって渡辺謙や石坂浩二の善玉も生きてこないのです。

TVドラマとして1クールでじっくりと描いていくか、
映画としてはポイントを絞ったほうが良かったように思います。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/11/06 19:54
沈まぬ太陽
『華麗なる一族』や『大地の子』『白い巨塔』などのヒット作を世に送り だしてきた人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を渡辺謙を主演に 迎えて映画化。 巨大企業の都合に翻弄され、海外の僻地への島流しのような人事を受けつつ も自らの信念を貫きとおしていく姿を.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/11/07 02:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「沈まぬ太陽」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる