ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「2012」

<<   作成日時 : 2009/11/25 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 2

画像





映画 「2012」

マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』
『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。

地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、
巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。

偶然にも地球の危機を知ってしまうリムジン運転手に
『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックがふんし、
大事な家族を守るために奔走する。

大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目。
                            シネマトゥデイ
---------------------------------------------------------

大迫力の映画でした。

それだけでもう十分に楽しめた映画でした。

ディザスター・ムービーとしてはもう一級品の出来です。
最新のVFX技術による、最高級の映像が楽しめました。

ストーリーはごくシンプルで、古典的な他愛のないものでしたが、
この手の映画はそれでこそイイのです。

ややこしい理屈は置いといて、この荒唐無稽な世界に
どっぷりと浸かって、唖然とする圧巻の映像を堪能しましょう。

なんというか、これまでの名作パニック映画の
オイシイところを集めて、アレンジを加えたような、
見応えのあるシーンが連続して見られました。

とかくこの手のディザスター・ムービーというものは、
予告編に使われるような1シーン、2シーンが素晴らしくても
全体のバランスとしては中途半端になってしまうものですが、
この作品は2時間38分の長尺を見事に見せてくれました。

お金の使い方がさすがにハリウッドです。

主人公の、あわやのところでの危機回避の連続は、
まるでアニメかマンガのごとくの展開でしたが、
こんな微笑ましく思えたシーンもあれば、
ちょっとホロリとさせるシーンもあって退屈させません。

リアリティとか、物語の整合性とかあれこれ言わずに、
ただただ画面を凝視して、見世物としての映画を堪能しましょう。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2012
ローランド・エメリッヒ監督の『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』が好きですだから似た傾向であろうコチラにもちょっと期待していました〜【story】イエローストーン国立公園に子どもたちとキャンプに訪れたジャクソン(ジョン・キューザック)は、謎の男から“地球の滅亡”が間近に迫っていること、更に、その事実を世間に隠している各国政府は、密かに巨大船を製造し、限られた人間だけを脱出させる準備に着手していると知らされる。ほどなくしてロサンゼルスで史上最大規模の大地震が発生し、それは世界中... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/11/25 07:14
2012
<<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索するジャク ...続きを見る
映画君の毎日
2009/11/26 00:49
★「2012」
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/11/26 03:42
「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。
[2012] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月10日1:09 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。古代マヤ文明の予言〜“2012年世界終末説”〜を題材に、お約束の“超トンでも映像”が、スクリーン越しに我々を襲ってきます。しっかし、このカントク一体何回地球(人類)を滅亡の危機に直面させれば気が済むのでしょうか?... ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2009/11/26 12:46
2012
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン ...続きを見る
小部屋日記
2009/11/26 20:56
「2012」 良くも悪くもエメリッヒ
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/11/29 15:13
2012 地球ボコボコ
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コラーゲン濃縮なチャーシュウ、澄んだスープに香り濃厚ながらさっぱり豚骨味、それらが控えめながら絶妙なバランスを保ち一つのラーメンにちゃんとなっている。 美味しくて気に入ったが、さらに気に入ったのが、トッピング自由だよって各テーブルに置い... ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2009/11/30 23:09
映画:2012
 前回が超単館系のマイナー映画だったので今回は超有名どころで。ローランド・エメリッヒ監督のパニックムービー2012を観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2009/12/01 00:17
映画「2012」
映画「2012」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2009/12/07 10:18
2012
【ストーリー】古代マヤ人が2012年に訪れるとしていた世界の終末。2009年インドの科学者テンジン博士が地球上の内核が溶解している事を発見する。科学者たちは数年後に地殻変動により世界が滅びる事を知る作家のジャクソンは元妻や子供たちとの旅行中に、大規模な地殻変動に見... ...続きを見る
ころちゃんねる
2009/12/23 12:26
マヤの予言
神秘的ですね。私はこういうお話(神話なども)好きなので、突っ込みたくない派です。そこから、映画『2012』が生まれたのも運命だと思えるほどですもん。。。何と言ってもまず、あの迫力は圧巻でしたわ〜。地球が崩壊し始めてからは、もう力が入りっ放しのドキドキの展開。 ...続きを見る
美容師は見た…
2009/12/28 13:23
2012
ブログネタ:一発で気分転換できるもの 参加中 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/02/26 12:58
『2012』 災厄でも助かる条件
 フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーの合作『地球最後の日』(1933年)は、1951年と1998年に映画化され(1998年版は『神の鉄槌』も混ざって&... ...続きを見る
映画のブログ
2010/02/27 11:13
2012
2012 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] ...続きを見る
むーびーふぁんたすてぃっく
2010/03/23 16:13
【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/12/02 04:35
映画を観るなら インデペンデンス・デイ
大な敵が宇宙からやってきて地球を征服しようとしてきた。地球はほぼ壊滅状態になっちゃったけど生き残りの人類が一致団結して敵を倒して一件落着。話の中身を言ってしまうと身も蓋もないんだけど、王道ストーリーが好きな私から見ると最高の映画だった。旋回能力が全て.. ...続きを見る
映画を観るなら
2010/12/19 23:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます。
正月にまとめて3本ほど見ました。そのうちの1本。
娯楽作品とか、筋の流れや、人々の気持ちがていねいにえがかれていました。お金かかったんだろうな、と思いました。しかし、いつも思うのですが、アメリカ映画ってこういうの作るよね。と思いました。映画なのだからもっと奇跡とかおきてもよいかもしれないじゃん、お正月なのでそんな感じでした。
sakura
2010/01/04 11:24
sakuraさん、正月は映画三昧のようでウラヤマしい。
この映画はそんな時に見るにはピッタリの作品でしたね。娯楽という面での映画の楽しさを存分に見せてくれた作品だと思いました。
Mr.G
2010/01/04 14:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「2012」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる