ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「釣りバカ日誌20 ファイナル」

<<   作成日時 : 2009/12/08 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像






映画 「釣りバカ日誌20 ファイナル」

一流企業の経営者として悩み多き日々を送るスーさんと、
趣味の釣りと家庭をこよなく愛する万年ヒラ社員のハマちゃんが
織り成す人気シリーズの第20作目にして最終章作品。

今作では、ハマちゃんとスーさんがシリーズ初となる
北海道の大自然を舞台に大活躍する。

おなじみのハマちゃんとスーさんを西田敏行と三國連太郎が演じ、
ゲストには、松坂慶子、吹石一恵、塚本高史が名を連ねた。

『釣りバカ』ならではの色あせない魅力と、
ファイナルにふさわしい展開が楽しめる。
                      シネマトゥデイ
----------------------------------------

お馴染みの”釣りバカ日誌”も20作目ともなれば
もう国民映画と言っていいかもしれません。

こういう万人向けの映画が
見られなくなってしまうのは寂しい限りです。

この映画、まるでスター選手の引退試合のような作品でした。

現役バリバリの頃の勢いはすでに失せてしまった名選手に
最後に与えられた花道のような映画でした。

そういう目で見られれば
これはこれでも良いのかもしれません。

20作目ともなれば、もう描くべきネタもつきたけれど、
それでもなんとか形にはしましたという印象です。

お馴染みの面々が次々登場するシリーズ作品ならではの
楽しさはあったものの、とにかく皆さん年を召されました。

いかにハマちゃんが、ひとりバカをやろうとも
それを受けるスーさん以下が枯れ過ぎて喜劇になりません。

だからハマちゃんも不良社員のアナーキーさはありません。

寅さんから連綿と続く、夢オチのシーンも
少々痛々しくてとても笑えるものではありませんでした。

喜劇なのに老い、引き際、死とかが
濃厚に感じられた不思議な作品でした。

宴会のシーンでハマちゃんが、森繁さんの真似で歌う
”知床慕情”がなんとも印象的でした。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
試写会「釣りバカ日誌20ファイナル」
2009/12/7、虎の門のニッショーホール。 入りはいいところ半分。 ...続きを見る
ITニュース、ほか何でもあり。by KG...
2009/12/08 12:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>夢オチのシーンも少々痛々しくて
夢というより、現実味がありすぎです。
痛々しいというのもわかります。
撮影時の三国さんもちょっともう無理って感じでした。
なにより谷啓さんが普通でなかったのにはびっくり。

なお、20作目ではなく22作目です。
さすがに22年は長い。
KGR
2009/12/08 20:16
KGRさん、コメントありがとうございます。お詳しいですね。そうでした、このシリーズ、番号のついたレギュラーのものに加えて、スペシャル編と幕末の江戸を舞台にした番外編のふたつがあるのでしたね。 谷啓さんの姿にはちょっとビックリでしたね。ここ数年でめっきりと老けられてお体が心配です。 三国さんもお年を召されて、もうハマちゃんとスーさんの軽妙なやりとりは無理と判断されたのでしょうか。
Mr.G
2009/12/09 02:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「釣りバカ日誌20 ファイナル」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる