ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ラブリーボーン」

<<   作成日時 : 2010/01/16 02:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 2

画像






映画 「ラブリーボーン」

14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが
立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。

全世界30か国以上で 1,000万部以上を売り上げた原作を、
スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、『ロード・オブ・ザ・リング』
のピーター・ジャクソンが監督という豪華布陣で映像化。

主人公の少女役は、『つぐない』のシアーシャ・ローナン。
前代未聞の物語設定と、少女が起こす奇跡に注目。
                               シネマトゥデイ
----------------------------------------------------

これは不思議な映画でした。

冒頭わずか5分か10分で殺されてしまう少女の目線で語られる物語、
という実にユニークな設定の作品なのでした。

少女は残された家族の悲しむ姿だけでなく、
すぐ近くに、のうのうと暮らす犯人をも見つめます。

最初の設定もユニークならば、その後の展開も
実に意外性のある不思議な方向に進みます。

ストーリーの展開もそうなのですが、この少女の家族の
心情の変化も理解出来るようで、ちょっと不思議なのです。

この先の読めない物語を、私は大変興味深く見ましたが、
ベタ好きで収まるところに収まる、というお話の好きな日本人には
肩透かしを食うようで、正直評価が分かれるところでしょう。

そもそもこの作品は、美少女のスピリチュアル・ラブファンタジーと
連続少女猟奇殺人、犯人は向かいに住む男だった、とかいう2本の映画を
1本に同居させたような、どこか無理を感じるところがあるのです。

しかも最終的に事件は解決しないまま、少女の死体は発見されることなく
犯人は偶発的な事故であっさりと命を落すのです。

この作品を評価せず、居心地の悪さを感じた方が
その理由として挙げるのはこのあたりでしょうか。

サスペンスとファンタジーの同居する、奇妙な新感覚と意外性、
これこそがこの映画のポイントなのだと思います。

例えば、少女の妹が犯人が出かけた隙にその家に忍び込み、
やっとの思いで見つけた証拠を家に持ち帰るシーン。

真っ先に父親に証拠のノートを差し出そうとするところ、
彼女は家に戻った母親と父親のキスを見てその手を引っ込める。

この場面、彼女が本当に望んだものは何かを考えさせられます。

あるいは、主人公の少女が最終的に自分の死を受け入れて
天国へと向かうと思いきや、最後に彼女がやり残したこととは
犯人への復讐とかでもなんでもなく、
それは14歳の普通の少女ならではのことでした。

このシーンは、私も想像を裏切られた場面でしたが、
ああ、そうなのかなと後で思って切なく感じたシーンでした。

この場面もそうでしたが、主人公の少女役シアーシャ・ローナンが
本当に可愛くて、14歳の等身大の少女を演じて絶品でした。

また現世と天国の狭間の死後の世界の幻想的で美しい世界の描写は
さすがにスピルバーグとピーター・ジャクソン、見応えがありました。


この映画、観る人によりいろいろと感じ方の変わる作品です。

友人などと一緒に見て、あれこれと話しあうのも楽しいでしょう。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(21件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ラブリーボーン』(2009)/アメリカ・イギリス・ニュージーランド
原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン試写会場 : よみうりホール公式サイトはこち... ...続きを見る
NiceOne!!
2010/01/22 08:41
『ラブリーボーン』
'10.01.18 『ラブリーボーン』(試写会)@東京厚生年金会館 ...続きを見る
・*・ etoile ・*・
2010/01/31 04:45
ラブリーボーン
2010年最初の感動大作―観て来ました〜【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは―     監督 : ピーター・ジャクソン 『ロード・オブ・ザ・リング』     製作総指揮 : スティーヴン・スピルバーグ     【comment】          ... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2010/01/31 17:51
mini review 10436「ラブリーボーン」★★★★★★★★☆☆
14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。全世界30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが監督という豪華布陣で映像化。主人公の少女役は、『つぐない』のシアーシャ・ローナン。前代未聞の物語設定と、少女が起こす奇跡に注目。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2010/02/01 03:45
[映画『ラブリーボーン』を観た]
☆凄い作品だと思った。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2010/02/01 03:57
ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2010/02/01 08:53
ラブリーボーン
<ストーリー>スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14 歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、... ...続きを見る
ゴリラも寄り道
2010/02/03 01:21
「ラブリーボーン」え〜と、何と申しますか…。
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おまけに宣伝であれだけ『泣ける!』って煽られたらね〜。 ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2010/02/03 22:17
ラブリーボーン
&amp;nbsp; 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両親と.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/02/03 23:40
★「ラブリーボーン」
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/02/04 01:55
天国と地上の間〜『ラブリーボーン』
 THE LOVELY BONES ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/02/04 22:54
ラブリーボーン 心残りがそこか〜=( ・_・;)⇒ アレ?
【 {/m_0167/}=5 -3-】 今日は、先日仕事中に体調が悪いと早退なさって、ご帰宅後さらに容体が悪くなり救急車で搬送されたけどそのまま急逝されたうちの組合員さんご本人のお葬式だった。 1000人以上の組合員、なかなか全員は覚えられないが、御遺影を拝見して「あ!」、ご冥福をお祈りします、ありがとうございました。 ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2010/02/05 21:36
「ラブリーボーン」 死により生を描く
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2010/02/06 13:58
家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2010/02/07 22:23
【映画】ラブリーボーン
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2010/02/11 23:51
「ラブリーボーン」喪失と可能性を秘めたファンタジー
「ラブリーボーン」★★★★ マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、シアーシャ・ローナン主演 ピーター・ジャクソン 監督、135分、 2010年1月29日公開、2009,アメリカ,パラマウント (原題:THE LOVELY BONES) ...続きを見る
soramove
2010/02/12 07:58
ラブリーボーン
話題になってますね。 主演のシアーシャ・ローナンは、 「つぐない 」がとても良かったので楽しみです。(^^) ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/02/15 15:45
映画:ラブリーボーン
 話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2010/02/28 22:34
ラブリーボーン
The Lovely Bones(2009/アメリカ=イギリス=ニュージーランド)【Blu-ray】 監督:ピーター・ジャクソン 出演:マーク・ウォールバーグ/レイチェル・ワイズ/スーザン・サランドン/スタンリー・トゥッチ/マイケル・インペリオリ/シアーシャ・ローナン ...続きを見る
小部屋日記
2010/07/07 23:30
ラブリーボーン (The Lovely Bones)
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2010/09/12 22:34
【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛)
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/10/03 01:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
これ日本の風土だと、煩悩が残って、「この恨みはらさでか〜」という展開になるんでしょうな。
kimion20002000
2010/02/01 21:11
そうですね。それもまた面白いですね。
でもこの主演のシアーシャ・ローナンちゃんの可愛さがあってこその作品でした。殺されたり(陵辱されたり)という場面をあえて写さなかったのも正解だと思いました。
Mr.G
2010/02/02 01:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ラブリーボーン」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる