ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ラブコメ」

<<   作成日時 : 2010/09/16 02:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像







映画 「ラブコメ」

松久淳と田中渉が共同執筆した小説を『ROOKIES -卒業-』の
平川雄一朗監督が映画化したラブコメディー。

男勝りで豪快な生花店店長と、純朴な草食系男子の
不器用でもどかしい恋愛模様を生き生きと描く。

男勝りなヒロインを『パレード』の香里奈が務め、
その相手役を『七瀬ふたたび』の田中圭が好演する。

彼らを見守るアルバイト店員役の北乃きいや、声優役の
渡部篤郎らと共に織り成すハッピーな恋物語に心が躍る。
                         シネマトゥデイ
-----------------------------------------------

「ラブコメ」なんて随分と思い切ったタイトルを付けたものです。

よっぽど自信があったのでしょうか。

ラブコメと言われる映画の良さは、シリアスになり過ぎずに
笑えてホロリとさせて、ヒロインとその相手がいろいろあっても
最後には上手くいって、ハッピーエンドというところにあると思うのです。

その点、この映画は十分合格点の楽しいものでした。

タイトル通りラブコメの王道を行く、分かりやすさで
観客の興味を上手く惹きつけて、軽快に見せてくれました。

ヒロインたちの恋愛は、イマドキからするとちょっと古めかしいかな
と感じるほどでしたが、こういうのは結構変わらないものなのでしょう。

大仰でない、他愛の無さがこの映画の良さだと思いました。

ヒロインが花屋さんの店長というのもありがちでポイント高しです。

男勝りで豪快、パワフルなヒロイン。

こんな役はよっぽどの美人が演らないと納得しかねますが、
香里奈さん、見事にハマリ役であったと思います。

サバサバと男前で格好良いのですが、そんな彼女が遊具の上で
大声を上げて泣く場面には、グッとくるものがありました。

お相手の草食系男子の田中圭サンもピッタリの役どころ。

もう一組の渡部篤郎、北乃きいのちょっと異色なカップルも
ストーリーに上手く絡んで、イイ感じで見られました。

渡部篤郎サンはシリアス、ハードからこういう軟派な役まで
得手不得手を感じさせずにこなすスゴい俳優さんですねえ。

北乃きいちゃんは相変わらずキュートでした。
こんな可愛い子がいるキャバクラなら男は通ってしまうでしょう。

渡部篤郎サンとの会話では結構キワどいセリフも交わしてました。

脇役陣のなかではダントツの存在感で伝説のナレーター役の
志賀廣太郎さんがステキでした。

本当にいい声をされてます。

小品ですがほのぼのとした可愛い作品でした。


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ラブコメ」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる