ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「エクリプス/トワイライト・サーガ」

<<   作成日時 : 2010/10/23 02:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

画像







映画 「エクリプス/トワイライト・サーガ」

ステファニー・メイヤー原作の世界的ベストセラーを基に、人間と
バンパイアの禁断の恋を描きヒットした『トワイライト』シリーズ第3弾。

本作ではヒロインを守るため、一時的に手を組むバンパイアの
エドワードとオオカミ族のジェイコブとの三角関係を主に描く。

メインキャストは前作同様クリステン・スチュワート、
ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナーらが続投。

さらに先の見えない恋の行方と迫力の戦闘シーンも必見。
                         シネマトゥデイ
---------------------------------------------------

今回はいつもに増してサラリとレビューします。

シリーズ第3弾ということなので、人気のある作品なのでしょうが、
これはオヤジの見る映画ではない、とシミジミ思いました。

”人間とバンパイアの禁断の恋”だそうで、全体の7、8割は
ヒロインと彼女を想う二人の男の三角関係が描かれます。

男の一人はバンパイヤで、一人はオオカミ族だそうですが
この二人の男に慕われるヒロインは、なんともどっちつかずで
相手の男を前にしても、常に煮え切らない態度です。

これが延々と続く映画なので、最初はイライラもしますが、
次第にどうでも良くなってくるのでした。

ですからこれは、大人の恋愛というのでなく恋に恋するお年頃の
ティーンの女の子が、二人の男に言い寄られるというヒロインの気分に
しばし浸ってウットリする、という意味合いの映画なのでしょう。

男の方もオヤジの目には二人ともイケメンの範疇からは外れてました。

一応、バンパイヤ、オオカミ族、吸血鬼やらが入り交じっての
戦闘シーンもありましたが、どうにも付け足しの感が残ります。。

これならば前作までのおさらいムービーは無くとも良かったかなと。


この映画に夢中になれるオヤジというのは、 「エクスペンダブルズ」 を見て
喝采を叫ぶ女子高生にも増してマレではないでしょうか。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エクリプス トワイライト サーガ/THE TWILIGHT SAGA ECLIPSE
トワイライトシリーズ 第3弾 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2011/01/05 21:47
エクリプス トワイライト・サーガ
エクリプス トワイライト・サーガ / ECLIPSE ...続きを見る
RISING STEEL
2011/07/17 11:13
戦う、愛のために──。「エクリプス/トワイライト・サーガ」
【関連記事】 トワイライト〜初恋〜 ニュームーン/トワイライト・サーガ トワイライト〜初恋〜【壁紙1】 【2】 【3】 ニュームーン/トワイライト・サーガ【壁紙1】 【2】 【3】 【4】 ...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2011/09/25 01:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。ご明察に思わず笑ってしまいました。(でも、ご存じの通り、ミーハーなので私は一応観に行きます)「小さな〜」は実在のダンサーの手記で、毛沢東の最後のバレエダンサー、という英訳です。あの文革の時代に中国人がバレエ?という事実がある意味滑稽ですが、あの共産主義でロシアのバレエメソッド。銃を持たないとだめとかいう江青女史、毛沢東のバッチをつけていた青年がバレエの芸術の極みを求めたいと思ったのだと思います。中国の人って家族や地元を大切にするから、故国を捨てるってことがすごく重いことなんだと思います。秤にかけてバレエを選んだ頭の半分は家族のことだった、だから「春の祭典」(だと思うのですが)のすばらしい舞台の後、両親に会って、こらえていた感情があふれたんだと。そんな事をみて感じました。原作かいました。
sakura
2010/10/23 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「エクリプス/トワイライト・サーガ」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる