ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「軽蔑」

<<   作成日時 : 2011/06/01 02:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

画像








映画 「軽蔑」

賭博に明け暮れ欲望のままに生きる男と、彼の生きざまに惹かれた
踊り子が、命を狙われながらも愛し合う姿を描くラブストーリー。

芥川賞作家・中上健次による最後の長編作品を基に、愛し合うものの
引き裂かれていく純粋で不器用な男女の愛をリアルな筆致で映像化。

『ヴァイヴレータ』の廣木隆一が監督を務め、『白夜行』の高良健吾、
『吉祥天女』の鈴木杏がダブル主演で刹那の男女を熱演。

魂を揺さぶる壮絶な愛のドラマに圧倒される。
シネマトゥデイ
-------------------------------------------------------

癒し映画全盛の今、ハードな中上健次原作の映画です。

70年代っぽい雰囲気の漂う本作は、あの頃よくあったような
破滅型で刹那的に生きる主人公の逃避行のような堕ちていくさまを
辛口なタッチで描いていく作品でした。

主人公のカズは田舎に金持ちの親を持ち、今は東京で自堕落な日々を送り、
賭博で作った借金を抱えるような、要するに甘ったれのクズなのです。

ヒロインの真知子は身寄りのないポールダンサーで
その日その日をギリギリで生きているような女性でした。

当然と言おうか大方の予想通り、男は裏社会の闇へと転落していき、
女はやっぱり男と別れられずに巻き添えを食うようになります。

共感を持つとか、憧れるという生き方ではありません。

ですが主演の二人の演技の凄みに引きこまれます。

多くの人々は社会の中で様々な制約を甘受しながら
他の人々と折り合いをつけながら日々を生きています。

でも時として、この主人公のように、欲望のままに
生きたいように生きる無頼な生き方に憧れたりすることもあります。

そう、誰の中にもこの映画のカズや真知子のような部分があって、
だからこそこのカップルの純粋で不器用な生き方を凝視してしまうのです。

そして当然のことのようにあんな結末を受け入れるのでした。

主人公カズ役に今一番の売れっ子、高良健吾クン。
そしてヒロインのポールダンサー、真知子には鈴木杏さん。

この二人の体当たりの熱演あってこその映画に思えました。

























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「軽蔑」軽蔑というよりバカバカしい
「軽蔑」★★★ 良健吾、鈴木杏、大森南朋、忍成修吾、 村上淳、根岸季衣、田口トモロヲ、 緑魔子、小林薫出演 ...続きを見る
soramove
2011/06/26 02:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「軽蔑」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる