ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「大鹿村騒動記」

<<   作成日時 : 2011/06/10 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 2

画像









映画 「大鹿村騒動記」

長野県の山村に300年以上も伝わる「大鹿歌舞伎」をモチーフに、
『亡国のイージス』『顔』の阪本順治監督と原田芳雄がタッグを組んだ群像喜劇。

伝統の村歌舞伎が受け継がれてきた山村で食堂を営む男のもとに、
18年前に駆け落ちした妻と友人が現れたことから始まる騒動を軽妙なタッチで描く。

共演には大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、三國連太郎ら
実力派がそろい、悲喜こもごもの人間模様を彩る。

大鹿歌舞伎の舞台を再現したクライマックスは圧巻。
                             シネマトゥデイ
-------------------------------------------------------------

大人の映画だなあという印象です。

南アルプスの麓の村の風景がとてもキレイでした。

300年続くという大鹿村の村歌舞伎をモチーフに、
人生の機微を描いた群像喜劇です。

原田芳雄や岸部一徳といった年配の実力派の俳優さんたちによる
丁々発止の演技合戦は見応えがありました。

若い人向けのチャラいアイドル映画の類にはウンザリという
年配の観客には受けの良い作品ではないかと思います。

原田芳雄や岸部一徳らと同じ世代が楽しむ、
こういう映画がもっとあっていいと思います。

18年前に親友の妻を連れて逃げた友人が村に戻り、
記憶障害を発症した妻を親友に返すというお話。

フツーに撮ったら、暗くて重い話ですが
テンポよく、喜劇と悲劇を行ったり来たり。

さすがにベテランの巧い俳優さんが揃っていて、
その辺りの呼吸は絶品でした。可笑しかったです。

基本的には男女の三角関係の物語で、
軽妙なタッチで描かれますが、味わい深いものがありました。

この村と村人たちには、拠り所となる「大鹿歌舞伎」の存在があって
人々のさまざまな想いを受け止めていました。


”釣りバカ”を引退された三國連太郎氏の
達者な芝居が見られたのも嬉しかったです。






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大鹿村騒動記
俳優・原田芳雄の遺作。公開初日に舞台挨拶に出席したもののそれから僅か3日後に帰らぬ人となってしまった。長野県の大鹿村に300年以上伝わる「大鹿歌舞伎」。その後援を日後に控えたあるひ、駆け落ちした妻が帰ってきた…。共演に大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、三國連太郎ら日本映画界を代表するスターが揃う。監督は『どついたるねん』、『行きずりの街』の阪本順治。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/07/20 03:09
『大鹿村騒動記』
□作品オフィシャルサイト 「大鹿村騒動記」 □監督 阪本順治□脚本 荒井晴彦、阪本順治□キャスト 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、小野武彦、三國連太郎■鑑賞日 7月17日(土)■... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2011/07/21 08:33
大鹿村騒動記
大鹿村騒動記 ★★★☆☆(★3つ) ...続きを見る
食はすべての源なり。
2011/07/23 12:59
千両役者の花道〜『大鹿村騒動記』
 南アルプスの麓の小さな村。鹿料理の店「ディア・イーター」を営む善(原田 芳雄)は、村に300年続く「大鹿歌舞伎」の花形役者。舞台本番を5日後に控 えたある日、18年前に村を去った親友・治(岸部一徳... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/07/30 14:19
大鹿村騒動記
 『大鹿村騒動記』を丸の内TOEIで見てきました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2011/08/06 06:15
試写会「大鹿村騒動記」
2011/6/15、文京シビックホール、小ホール。 ほぼ満員。 ...続きを見る
ITニュース、ほか何でもあり。by KG...
2011/08/06 09:06
大鹿村騒動記
出演陣が何気に豪華。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2011/11/01 00:11
大鹿村騒動記
原田芳雄さんの遺作となった群像劇です。近くのゲオにはなかったものだからようやく見れました。 長野県大鹿村、ここでは300年余の間、町の伝統芸能として歌舞伎が伝承されてきた。その主役をはるのが、主人公の風祭善。公演間近に駆け落ちしていた妻が十数年ぶりに男と共に村に舞い戻ってくるところから話は始まる。 この元女房が認知症を患っている事から、面倒を見きれなくなって…というところには、私個人の家庭の事情もあり共感をおぼえるところもあった。 騒動記とついているように、様々なドタバタが起こる話... ...続きを見る
いやいやえん
2013/05/19 08:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>大人の映画だなあという印象
まさにそういう感じでしたね。
ものすごく自然と言うか、わざとらしさが無い。
本当にあの村で何年も何十年も暮らしていたかのような間、
ベテラン俳優たちも見事でしたが、松たか子や瑛太もよかったです。
KGR
2011/08/06 09:22
あのベテラン陣に交じると、さしもの松たか子さんや瑛太さんですら、なんか初々しく感じるほどに新鮮に映りましたね。特にこの松さんは可愛く見えました。
Mr.G
2011/08/06 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「大鹿村騒動記」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる