ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ホームランが聞こえた夏」

<<   作成日時 : 2011/07/27 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像







映画 「ホームランが聞こえた夏」

ある高校野球部の実話を基に、聴覚を失った天才野球少年と暴行事件を起こして
選手生命の危機にある国民的スター投手のきずなを描く感動ヒューマンストーリー。

監督は、『シルミド/SILMIDO』のヒットメイカー、カン・ウソク。

ろう学校高等部の野球部コーチとなるプロ野球選手を、『黒く濁る村』で
青龍エイガ賞主演男優賞ほか数々の映画賞を受賞したチョン・ジェヨンが演じる。

ハンディを抱えた少年たちがひたむきに頑張る姿に感動させられる一作。
                               シネマトゥデイ
-----------------------------------------------------------------

ちょっと久しぶりの韓国映画です。

一言でいえば直球ど真ん中のスポ根映画でした。

二時間半近い長尺でしたが悪くはありません。さすがは
ヒットメイカー、カン・ウソク監督、ソツがありません。

もうこれこそ韓国映画、これでもかといったベタで、
王道にして、少々濃すぎるぐらいの演出がハマります。

見事にスポ根モノの定番のストーリーが展開されますが、
ここまでやられると、どっぷりとこの世界に浸れて
安心して見ていられて心地良くなってきました。

映画を見ていて少々意外に思ったのが、
韓国の高校野球の全国大会「鳳凰杯」の参加校が53校で
野球部のある高校なら予選がなく本大会に出られるということ。

日本では4000をを超える高校が甲子園を目指している
というのと比べるとちょっとビックリでした。

ですからこの映画の野球部の目標は鳳凰杯を目指す
ではなく、1勝するということでした。

クライマックスの試合のシーンまで、ほぼ予想通りの展開で
話は進みましたが、ラストだけはちょっと意外でした。

これも悪くありません。是非映画館でご覧ください。

「ホームランが聞こえた夏」というこのタイトルも
映画を見た後に、なかなかいいタイトルだなあと感じました。



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ホームランが聞こえた夏』
先日、試写会で韓国映画の『ホームランが聞こえた夏』を観てきました。 青春+スポーツ+感動って、あまりにこの時期に公開するのはベタな作品だなとは思ったものの、でもやっぱりこういうお約束な作品が観れるのが面白いんだとも思ってみたりw。 ...続きを見る
Cinema+Sweets&#61;∞
2011/08/01 01:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ホームランが聞こえた夏」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる