ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「アントキノイノチ」

<<   作成日時 : 2011/10/06 15:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 4

画像









映画 「アントキノイノチ」

歌手さだまさしによる小説を、『ヘヴンズ ストーリー』が第61回ベルリン
国際映画祭国際批評家連盟賞などを受賞した瀬々敬久監督が映画化。

複雑な過去を持ち心を閉ざした若者が、
遺品整理業という仕事を通じて再生していく姿を描く。

主演は『告白』『悪人』の岡田将生と、『東京公園』の榮倉奈々。

2人を見守る重要な役どころで、ネプチューンの原田泰造が出演するほか、
若手注目株の松坂桃李、ベテラン柄本明ら多彩な顔ぶれが脇を固める。
                                  シネマトゥデイ
---------------------------------------------------------

この作品、モントリオールの映画祭で受賞されたとのこと。

そのことは実に喜ばしいことで、素直に敬意を評しますが、
個人的に正直な感想を述べると、あまりピンとこなかった映画でした。

タイトルからはどんな内容の映画かは全く分かりませんでしたが、
予想に反して、シリアスで重い内容の作品でした。

主人公は遺品整理業という仕事を通じて出会い惹かれる若者たちでした。

こういうちょっと特殊な仕事にスポットを当てたことは大変興味深く、
孤独死された方のなかにはワケありな人生を送った方も少なくないでしょうし、
きっとドラマになる要素も多いのだろうと考えました。

しかし映画はそこのところより、むしろその仕事に従事する
複雑な過去を持ち心を閉ざした若者に重きを置いていました。

多くはゴミと異臭のなかでの故人の遺品整理の現場の作業のさなかに
挿入される回想シーンで、岡田将生クンの過去が明らかにされていきます。

これらのシーンには吃音をバカにされる主人公や他にもイジメ役、
イジメられ役が登場しますが、どうにも彼らのことが理解、共感しがたいのです。

いつの時代も若者は悩んで苛立ってもがき、時には荒れるのでしょうが、
彼らの姿に、切羽詰まったギリギリの緊張感や懸命さを感じられませんでした。

恐らくは私が年を取って感性が鈍いということでしょうけれども、
特にイジメ役の彼のモチベーションなどは全く理解不能なのでした。

榮倉奈々ちゃんのほうも、その壮絶な過去がセリフだけで語られます。

こういう二人が徐々に惹かれあうというのはよく理解できますが、
彼女が彼に自分の過去を話した後、彼の前から姿を消すというのも
私が男だからか、理解しにくいところでそうなのかなあ、と思うのでした。

時折挟まれる、檀れいや柄本明演じる遺族を描くパートがいいので
余計にそんなことを考えたりするのでした。

この作品で決定的に違和感を覚えたのがヒロインの事故です。

これはネタバレになるのでしょうが、どうしてあそこで彼女が
事故に遭うのか、全く不自然で不可解と思うほかありません。

生命の尊厳とかつながりを描いた映画で、どうしてこんな展開になるのでしょう。
むしろ命をないがしろにし、もてあそんでいるのでは、と思えます。

彼女の死を、キレイな花畑に寝転ぶ彼女の姿で伝えようとした
演出家の感性にも、全く相容れないものを感じてしまいました。

彼女の遺品を整理し、自分の写真を見つけて思わず涙する彼。

あまりに出来すぎの安直で強引なお涙頂戴の図と感じてしまうのでした。

岡田将生、榮倉奈々のお二人は悪くなかったです。
でもこの作品のイメージには健康的な美男美女過ぎたかも。

「アントキノイノチ」というこの作品のタイトルの、
言葉遊びだか駄洒落だかもなんだかなあ、という印象です。






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
GReeeeNの新曲「恋文〜ラブレター〜」PV視聴(フル試聴)!映画「アントキノイノチ」主題歌!感涙
着うた1位!11月16日発売予定、GReeeeN(グリーン)の14thシングル! GReeeeNの新曲「恋文〜ラブレター〜」PV視聴(フル試聴)。 〜岡田将生×榮倉奈々出演の映画「アントキノイノチ」主題歌〜 しっとりとした、雰囲気から始まる感動のラブソング! 途中からかぶさってくる感じでGReeeeNらしさ全開!おススメです! 『世界にひとりの あなたへ あなたへ 世界で一番素敵なんだろうって 君が生まれた来た日のいくつもの日々を重ねて…♪』 最後は元気が出る応援歌のよう・... ...続きを見る
やまかず音楽日記
2011/10/21 22:09
アントキノイノチ
アントキノイノチ ★★★★★(★満点!) ...続きを見る
食はすべての源なり。
2011/11/17 11:41
元気ですかーーーー!!! 〜『アントキノイノチ』
 高校時代の親友の死をきっかけに、心を病んでしまった永島杏平(岡田将生) は、遺品整理を代行する会社・クーパーズに就職する。そこで出逢った先輩社 員・ゆき(榮倉奈々)の手首に、傷跡があるのを見... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/11/24 21:06
『アントキノイノチ』
□作品オフィシャルサイト 「アントキノイノチ」 □監督・脚本 瀬々敬久□脚本 田中幸子□原作 さだまさし□キャスト 岡田将生、榮倉奈々、松坂桃李、原田泰造、染谷将太、檀 れい、      鶴見辰吾、柄本 明、堀部圭亮、吹越 満、津田寛治、宮崎美子■鑑賞日 1... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2011/11/29 12:17
アントキノイノチ
 『アントキノイノチ』を渋谷東急で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2011/12/07 05:13
「アントキノイノチ」感想
 さだまさし原作の小説を、「感染列島」「ヘヴンズストーリー」の瀬々敬久監督、岡田将生主演で映画化。心に深い傷を負った青年が、遺品整理の仕事を通じて「命」について向き合っていく姿を描く。 ...続きを見る
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜
2011/12/16 18:52
アントキノイノチ(2011-114)
アントキノイノチ 原作はさだまさし 解夏は観ました。 ...続きを見る
単館系
2011/12/26 13:37
映画「アントキノイノチ」感想(DVD観賞)
映画「アントキノイノチ」をレンタルDVDで観賞しました。 2011年11月に劇場公開された邦画作品で、歌手として有名なさだまさし原作の同名小説を実写映画化した、岡田将生・榮倉奈々主演の人間ドラマ。 あの銀英伝舞台版第一章でラインハルトを演じた松坂桃李も、主人公の高校時代に重要な役として登場しています ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2012/06/13 00:52
映画『アントキノイノチ』感想
ゆくぞーっ!! イーチ、 ニー、 サーン、 ダーッ!!! ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2013/08/17 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。ここでおじゃまします。「猿の惑星」みてきました。以前友人とみたキングコングの役者さんがシーザーを演じているそうで、わかりやすく楽しくみられました。最近映画から遠ざかってましたが、「秋は映画」でいけそうです。
sakura
2011/10/10 22:27
「猿の惑星」の最新作は未見ですが評判は良いみたいですね。
秋は映画のシーズンです。いろんな映画祭も開かれますのでぜひ劇場へ。映画は一本見るとすぐにまたもう一本見たくなるんですよね。
Mr.G
2011/10/10 23:53
タイトルに関しては、やっぱり原作が芸能人のさだまさしさんだからかなぁと思ったりもしました。内容から考えても「元気ですかーっ」に絡める必要って全然無いと思うし。良い話だとは思うんです。実際私はこの作品好きですし。でもそういう端々から、自然な良い話というより、芸能界でも一流の位置にいるさだまさしさん、少ないとはいえどこか飾りや洒落っ気を含ませる一般人が持ち得ない意識が作品に出ていたような気がしました。
KLY
2011/11/17 10:45
コメントありがとうございます。
この作品といい、「解夏」といい、また「眉山」もそうでしたが、泣かせどころで話が出来過ぎ、ヒネり過ぎであるように思います。
まあ、それが彼の個性、サービス精神であるのだとは思いますが。
Mr.G
2011/11/17 11:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「アントキノイノチ」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる