ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ロボジー」

<<   作成日時 : 2011/12/20 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像









映画 「ロボジー」

『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などで人気の矢口史靖監督が
メガホンを取った、頑固なじいさんとロボットをテーマにした爆笑コメディー。

弱小家電メーカーの3人組が新型ロボットの開発に失敗し、その場しのぎで
中に老人を入れてロボット博に出場したことから巻き起こる騒動を描く。

一躍人気者になってしまうロボットの中の老人を、
ミッキー・カーチスが新人俳優・五十嵐信次郎として好演。

共演には『蛇にピアス』の吉高由里子、
『鴨川ホルモー』の濱田岳ら多彩な顔ぶれがそろう。
                           シネマトゥデイ
--------------------------------------------------------------

矢口史靖監督らしい楽しい映画でした。

エンドロールで出てきた、五十嵐信次郎って名前にきょとんとしましたが、
ミッキー・カーチスさん、相変わらずお元気で何よりです。

エンドロールで流れる本作のテーマでもお分かりの通り、
彼の本業はミュージシャンです。

私はロカビリー時代の彼こそ、話でしか知りませんが、その昔
サムライというバンドのミッキーさんは聴いたことがあります。
日本のロックの黎明期というべき頃のお話です。

俳優さんとしても、すでに130本以上の映画に出演されてる
ということを今回知ってちょっとビックリでした。

さて映画です。
とても面白い映画でした。

ロボットの中身が実は人間、というこのネタは、
もうまるで、こち亀の両津勘吉の世界でした。

こういうベタな笑いを面白可笑しく見せるのが実に巧い矢口監督、
前半部はこのヒトネタで大いに笑わせてくれましたが、
さすがにこれだけでは2時間弱の映画にはなりません。

当然ずーっと世間を騙し続けられる訳がなく、
どんなオチを見せてくれるのかなと思っているところに、
ロボットオタクの吉高由里子などが登場してきて、
なかなか上手い具合に落としどころを決めてくれたように思います。

基本的に悪いヤツの出てこない、スレ違い勘違いと
タイミングの絶妙さで笑わせる、温かな矢口コメディーは健在でした。

この映画のミッキー、いや五十嵐信次郎さんの爺さんが実に良くて、
頑固だけど、実に可愛い爺さんを演じてくれてました。

それにこのロボットのトボけた表情がまたイイんです。

ちょこちょこと矢口組の常連俳優さんたちが
あちこちで顔を出してくれるのも楽しかったです。





















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ロボジー」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる