ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「愛と誠」

<<   作成日時 : 2012/06/06 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 2

画像








映画 「愛と誠」

梶原一騎が原作を、ながやす巧が作画を手掛けた1970年代の漫画「愛と誠」を、
『一命』などのヒットメーカー、三池崇史が映画化した純愛物語。

良家の子女の愛と不良青年の誠との運命の恋を熱く描いた原作を、
音楽に小林武史、振付にパパイヤ鈴木を迎え、三池監督ならではの
一筋縄ではいかない演出で見せる。

主演は、『悪人』などの妻夫木聡とテレビドラマやCMで活躍する武井咲。
さらには、斎藤工や加藤清史郎、余貴美子、市村正親などが共演。

ハードな劇画をハイテンションに描いた、いまだかつて見たことのない世界観に注目だ。
                                        シネマトゥデイ
------------------------------------------------------------------

大笑いしました。

ずっとずっと大昔、かつて少年マガジンで連載されていた当時は、
本格純愛ロマンとして読んでいた筈の同名タイトルがこんな・・・。

まずは不良も学ランも似合わない妻夫木クンの”やめろっと言われても”の激しい恋。
続いて斎藤工・岩清水の”空に太陽があるかぎり”。さらにたたみ掛けるように
真打のヒロイン武井咲ちゃん・愛の”あの素晴らしい愛をもう一度”。

この冒頭のミュージカル・シーン3連発が出色の出来でした。
これだけでもうこの映画を見てよかったと思わせてくれました。

なんかこう背筋が痒くなるようなキモチの悪さと、
完全にテンションを振り切ったような爽快さを同時に覚えました。

確かにあの原作のエッセンスを今やろうとすれば
こういう表現方法を取るしか無いのかなという気はします。

そこはもう三池監督の得意なハイテンションの世界です。

自分としては大変楽しめた面白い映画でした。

でも、見たいものとは全く違ったという感想を持つ方もいるでしょう。
また134分もあるので、さすがに中だるみを感じる箇所もありました。

でもこの世界観ハマってしまうと癖になりそうです。

なんといっても武井咲ちゃんが可愛かった。

今最も旬で華のある本格派の女優さんがやるからこそ、だと思いました。

彼女にコメディのセンスがあるのかどうなのか、きっと監督の言うまま
懸命に演技しているだけなのでしょうけれど、そこがいいのです。

世間知らずの超お嬢様なんて彼女にはピタリとハマります。

そういえば最初の映画化の時、大賀誠役は西城秀樹でした。
それで冒頭の”激しい恋”だったのか。























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オウム真理教の菊地直子逃亡中にAVしていた!?
地下鉄サリン事件で逮捕のオウム真理教の菊地直子が逃亡中に出演したとされるAV発見 ...続きを見る
逮捕のオウム真理教の菊地直子のAV発見!...
2012/06/06 01:40
愛と誠
梶原一騎原作、ながやす巧作画の同盟漫画を映画化。両家のお嬢様と不良の青年の数奇な運命と恋を描いている。主演は『悪人』の妻夫木聡と武井咲。共演に斎藤工、加藤清史郎、余貴美子、市村正親らが出演している。監督は『一命』などヒット作多数の三池崇史。音楽・小林武史、振付・パパイヤ鈴木が担当するミュージカルシーンにも注目だ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/06/09 01:59
「愛と誠」総天然色
こ〜れ〜はぁ面白い☆ 絶妙な笑わせ加減が実に見事! 1974年の西城秀樹&早乙女愛主演の「愛と誠」は見たことないけど、これをリメイクしたというよりは完全にパロッている。。 とうより、今現在その「愛と誠」を見たら誰もが突っ込みを入れてしまう部分を、劇中で役者にやらせてしまったというかんじだ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2012/06/09 15:29
愛と誠
愛と誠@よみうりホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2012/06/11 22:19
劇場鑑賞「愛と誠」
ぶっとび恋愛物語… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/06/16 14:34
[映画『愛と誠』を観た]
☆・・・素晴らしかったですね^^ ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2012/06/18 01:05
「愛と誠」 ひたむきにまっすぐに
梶原一騎さん原作の純愛マンガの三池崇史監督による映画化作品です。 「愛と誠」は今 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2012/06/20 22:02
『愛と誠』 メタメタな大傑作
 奇才アレハンドロ・ホドロフスキーはDVD-BOX収録のインタビューにて、注目する映画監督を尋ねられ、三池崇史監督の名を挙げている。  そのホドロフスキーの代表作『エル・トポ』は、「もしフェリーニが西... ...続きを見る
映画のブログ
2012/07/07 21:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遅れまして初めまして。
私も7月に地方の劇場で映画みました。
ケンカのシーン多かったけど、凶悪な緋桜団とか登場しなくてよかったです(^_^)v
もし出ていたら、誠の母が誘拐されてオッパイまるだしのリンチ受けちゃうところでした(#+_+)
大好きな余貴美子さんに、そんな演技はさせられませんからね(*^o^*)/~
とにかく原作は、ドギツイから嫌いでした(#+_+)
映画はむしろ、安心して見てられました♪
マチルダ
2012/09/27 23:17
マチルダさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
よく覚えていらっしゃる。私も原作を読んでいた筈なんですが、細部は全く忘れています。まあ、この映画はマンガとは別物と考えたほうがいいでしょうかね。でも楽しめました。
Mr.G
2012/09/28 14:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「愛と誠」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる