ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「臨場 劇場版」

<<   作成日時 : 2012/06/21 01:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像










映画 「臨場 劇場版」

「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで知られるベストセラー作家
横山秀夫のミステリー小説を原作にした、人気テレビドラマの劇場版。

並外れた観察力と洞察力で難事件を解決してきた検視官が、
ある事件の関係者を狙った連続殺人事件の真相を追い求めていく。

『252 生存者あり』の内野聖陽、『ナースのお仕事』シリーズの
松下由樹らレギュラーメンバーに加えて、さまざまな作品に
出演してきた段田安則や若村麻由美といった実力派が共演。

謎解きだけでなく、犯罪の加害者と被害者の胸中に深く迫った
ドラマ部分でも観る者を魅了する。
                                シネマトゥデイ
--------------------------------------------------------

面白い映画でした。

原作は未読ですが、まずこの原作が素晴らしく面白いし、
それを実に手堅く、映像化することに成功していました。

橋本一監督は「探偵はBARにいる」の監督さんでした。
今後の作品が楽しみな監督さんの一人です。

まずは冒頭の無差別殺人のシーンにビックリさせられました。

映画全体の雰囲気、作りは出来の良いTVドラマのそれでしたが、
なるほど冒頭のこのシーンはお茶の間にはそぐわない場面で、
緊迫感、迫力に満ちた、大画面の映画ならではのシーンでした。

そこからは、検視官という興味深い職種の主人公たちの所作や、
テンポ良く無駄のないスピーディーな展開のストーリーに
圧倒されたまま、気付いたらエンディングという映画でした。

確かに難を言えば、少々作り込み過ぎな感もあるお話ではありましたし、
ちょっと突っ込みたくなるような、いかにもTVドラマ的な展開が
気になるところはありましたが、総じて謎解きの面白さと
見応えのある重厚な人間ドラマが相俟った、秀逸な出来に思いました。

無差別殺人という、いかにも今日的なテーマを描いていて、
一見全く無関係に思えた別な事件を巧みに絡めた展開も、
加害者と被害者のそれぞれからの視点を過不足なく捉えた構成も見事で
第一級のエンターテインメントに仕上がっていたと思います。

内野聖陽さんを始めとする俳優陣もそれぞれ好演でした。
TVの連ドラならばそれぞれの関係性がより楽しめた感じがします。

それとやっぱり柄本佑クン。

彼のこうした役は何度も見ていて、もう定番といっていいのですが、
本作の彼はまたさらに一段と凄みを増した演技に思いました。

彼の冒頭の狂気が正気でなされたものだなんて誰が思うでしょうか。

























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「臨場 劇場版」 残された者のために
人気ドラマ「臨場」の劇場版になります。 例によって原作小説も未読、ドラマも未見で ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2012/07/15 19:04
『臨場 劇場版』
□作品オフィシャルサイト 「臨場 劇場版」□監督 橋本 一 □脚本 尾西兼一 □原作 横山秀夫 □キャスト 内野聖陽、松下由樹、渡辺 大、平山浩行、高嶋政伸、       段田安則、若村麻由美、柄本 佑、平田 満、長塚京三■鑑賞日 7月7日(土)■劇場 TOHO... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2012/08/10 08:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「臨場 劇場版」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる