ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「アルゴ」

<<   作成日時 : 2012/10/20 01:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

画像












映画 「アルゴ」

『ザ・タウン』などのベン・アフレックが、監督、製作、
主演を努めたサスペンス。

1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、
その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を追い掛ける。

監督として『ザ・タウン』で見せた緩急自在な演出をベンが
本作でも繰り出し、謎に包まれていた救出作戦の全ぼうを活写。

その一方で、貫録たっぷりに指揮を執るCIAエージェントを熱演する。

『リトル・ミス・サンシャイン』のアラン・アーキンや
『アーティスト』のジョン・グッドマンら、脇を固めるベテラン勢にも注目。
                                 シネマトゥデイ
-------------------------------------------------------------

文句なしに面白い映画でした。

襲撃されたテヘランのアメリカ大使館から、カナダ大使の家に逃げ込んだ
職員6人の救出劇を描いた作品でした。

その作戦は、映画撮影のためにカナダから来たロケハンのクルーに仕立てて
イランからの脱出を試みるというユニークもの。

なんとこれ、実話がベースということでビックリさせられます。

実際はどうで、どこまで忠実に描かれたものかは分かりませんが、
もうこれ以上ないぐらいにドラマチックで、緊迫感のハンパない
エンターテイメント作品にベン・アフレックが仕上げてくれました。

手に汗握るとは、こういう映画を見た時に使う言葉でしょう。

反米デモが激化するテヘランの様子、6人が潜伏するカナダ大使邸の内部、
人質奪還の作戦を練るCIAの本部や、ニセ映画の製作チームの立ち上げの、
ここはちょっと笑える場面などが、実にバランスよく、緩急を交えて活写され
まさにあれよあれよのうちに、画面に引きこまれるのでした。

特に見事だったのは、終盤で一気呵成に見せる空港での出国ゲートのシーン。

スパイものやサスペンスではお馴染み、いつも緊張させられるイミグレを
通過するシーンですが、本作は過去のどの映画にもましてスリリングでした。

文字通り”間一髪”っていう、映画ならではの醍醐味を味わえます。

さらに畳み掛けて、最後の最後までハラハラドキドキさせてくれました。

これはオススメの映画です。デートにどうぞ。
























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
露出大好き レディー・ガガ ついに乳首公開
クィーンオブエロ レディー・ガガ 乳首大公開 ヴェルサーチとツーショット画像・動画 ...続きを見る
レディー・ガガ 乳首大公開スキャンダル ...
2012/10/23 22:31
映画「アルゴ」
2012/11/12、ユナイテッドシネマ豊洲。 ...続きを見る
ITニュース、ほか何でもあり。by KG...
2013/02/10 10:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こん映画は面白かったですね。
実在の人物に似せた配役は見事でした。演出もうまいです。
最後、無事出国できるかというサスペンスが効いていてハラハラさせますが、実話にしては綱渡りすぎる気もしました。
アラン・アーキンとジョン・グッドマンの脇役もうまいですが、役者は巧い人を揃えていました。
きさ
2012/10/21 09:34
コメントありがとうございます。
現実的にはあんなに間一髪なワケはないでしょうが、実に上手い見せ方でしたね。
全編緊迫感がハンパ無い中で、あの映画人らしい軽いノリの二人がイイ感じに効いていて笑いを取っていました。
Mr.G
2012/10/21 11:57
原作最後の方だけ立ち読みしてみましたが、やはり最後はあそこまで綱渡りではないです。
でもまああそこまで脚色するのは映画としてはアッパレかも。
きさ
2012/11/01 05:14
淡々とした中にも緊迫感があって、序盤のハラハラと終盤へ向かって盛り上げていく様子は見事でした。
在米の後方部隊の様子もうまく織り込まれてましたし、アラン・アーキンがいい味出してました。
KGR
2013/02/10 10:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「アルゴ」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる