ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ゲットバック」

<<   作成日時 : 2012/11/13 04:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

画像











映画 「ゲットバック」

『コン・エアー』の主演と監督コンビ、ニコラス・ケイジとサイモン・ウェストが
約15年ぶりにタッグを組み、銀行強盗の男が誘拐された娘を助け出すために
戦う姿を描いたサスペンス・アクション。

まな娘を取り戻すためなら手段を選ばない父親の命懸けの奪還劇が、
仲間の裏切りや警察との攻防、誘拐犯との緊迫した駆け引きと共に展開。

共演には『J・エドガー』のジョシュ・ルーカス、『キリング・ショット』の
マリン・アッカーマンらがそろう。
                                    シネマトゥデイ
-----------------------------------------------------------

これも面白い映画でした。

ニコラス・ケイジが娘の救出の為に頑張っちゃうサスペンス・アクションです。

この人が出てくると、何故かB級っぽい印象になりますが、
中身はいつも安定して水準を超える楽しい映画になっています。

本作は95分という、このテのアクションには一番適度な尺の中に
色々と詰め込んで、実にテンポよく最初から最後まで一気に見せてくれました。

ニコラス・ケイジ演じる銀行強盗のプロの主人公と、彼を恨む娘の誘拐犯の元仲間、
それにニコラスを追いかけ続けるFBIとの三つ巴の追走劇がメインのストーリーでした。

銀行強盗の鮮やかな手口、カーチェイス等など、個々のシーンに
目新しさはないものの、どれも手堅くツボを押さえた出来の良いものでした。

それにこの映画の良いのは、なんか安心して見ていられたところ。

悪党役がサイコ過ぎて不気味だったりとか、残虐極まるシーンというものもなく、
すべてが程よくまとまっていて、デートなんかで見るには最適という感じがします。
その分、ちょっとそこは展開が甘すぎるだろ、ってところはありましたが。

ニコラス・ケイジのキャラが活きている映画でもありました。

見た目はどことなくショボくれた印象は本作でもそうでしたが、
今回はスゴく強くて格好良く、アクションも実に頑張ってくれてます。

さすがに全力疾走のシーンはちょっとツラそうでした。

この主人公が往年のロック・バンド、CCR好きっていう設定が個人的にツボでした。

























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「ゲットバック」
2012/11/19、ユナイテッドシネマ豊洲。 ...続きを見る
ITニュース、ほか何でもあり。by KG...
2013/02/10 10:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ニコラス・ケイジらしいと言えばらしい映画でした。
似たような映画が多いので「ハングリー・ラビット」と混同してしまってました。
もう少し選べばいいのにとも思いますが、(経済的問題もあってか)
何でもやるのがニコラス・ケイジのいいところでもあります。
KGR
2013/02/10 10:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ゲットバック」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる