ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

<<   作成日時 : 2013/01/30 07:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

画像











映画 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説
「パイの物語」を、『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。

動物園を経営する家族と航行中に嵐に遭い、どう猛なトラと一緒に
救命ボートで大海原を漂流することになった16歳の少年のサバイバルを描く。

主演は、オーディションで選ばれた無名のインド人少年スラージ・シャルマ、
共演にはフランスの名優ジェラール・ドパルデューが名を連ねる。

227日間という長い漂流の中で、主人公がどのように危機的状況を乗り越えたのかに注目。
                                          シネマトゥデイ
--------------------------------------------------------------------

いやー、凄い映画でした。

トラと一緒に漂流、なんてこんなに奇想天外でソソる話を
ほぼ完璧に、比類の無いほど美しく映像にしてくれました。

もう手放しで拍手喝采、お見事というしかありません。

それにしてもよくもまあ、小説なればこそといったこんな物語を
アニメでもなく、実写化しようとしたアン・リー監督に脱帽です。

この映画思いの外、信仰とか生命とか、人間の根源的なテーマに触れていて、
そして実に分かりやすく、しかも深く、寓話的に見せてくれています。

それも飛び切りファンタジックなエンタメ映画として楽しませてくれました。

最先端のCGやVFXというのは、もう素人の想像の域を超えていて、
果たしてどうやって撮ったんだろうという、驚きの映像の連続でした。

確かにCG臭い箇所も全く無いということではありませんでしたが、
全編の多くをを占める漂流シーンは本当に素晴らしい出来栄えで、
トラはもちろん、トビウオも鯨もミーアキャットもエクセレントです。

この映画の前半30分、航海に出る前の場面を退屈に感じた方もいるでしょうが、
後半の主人公の行動の伏線となるものが散りばめられていたことが後で分かります。

観客は、主人公が過酷な状況下で、獰猛なトラの攻撃を巧みにかわしながら、
いつしかトラへの脅威からくる緊張が、自らを絶望と衰弱から
救ってくれたんだと語る主人公に感動し、共感を覚えるのです。

ディズニー映画ならば、トラと人間との心の交流が芽生えて
このまま美しく感動的なエンディングとなったことでしょう。

あるいはそういう映画を望んでいた方も少なくはなかったでしょうが、
どっこい、この映画はここからがキモでした。

生き延びた少年がベッドの上で語ったもう一つのお話。

ああ、本当はこうだったんだと観客の頭をを混乱させますが
どっちの話が正解で、どっちが不正解なんていうことでないと思うのです。

したり顔で少年が”理性”で、トラが”本能”だったんだ、
なんて、決めつけた解釈をするのも野暮というものでしょう。

この映画を見て、トラと少年との奇跡のような漂流譚に驚き、感動し、
そして人間の業の深さ、生命の尊さや生きる歓びとかを感じることが
出来たとしたら、それがすべてなのだと思います。

私にとってはこれこそ映画というべき、大いにワクワクさせてくれた大満足の一本でした。























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「ライフ・オブ・パイ」IMAX 3D
2013/1/26、109シネマズ木場。 ...続きを見る
ITニュース、ほか何でもあり。by KG...
2013/02/10 11:17
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2D字幕版)』
□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール、      ジェラール・ドパル... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/03/07 08:04
映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 3D』を観て〜アカデミー賞受賞作品
13-9.ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 3D■原題:Life Of Pi■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■観賞日:2月1日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,300円 □監督・製作:アン・リー◆スラージ・シャルマ(パイ・パテル)◆イルファン・カ... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2013/05/29 22:14
フェラガモ アウトレット
映画 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 ようこそMr.G/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ アウトレット
2013/07/03 12:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
調子に乗って沢山トラバ送りました。すみません。

この映画はとても映像がきれいでした。
パイの水中のシーンはまるで空中に浮かんでいるようでした。
トラもほとんどCGだそうですが、序盤の荒々しい表情、
海から上がれなくなった時の情けない顔などなど
到底作り物とは思えませんでした。
KGR
2013/02/10 11:16
KGRさん、沢山のTB、コメントありがとうございます。
これは実に面白い映画でした。トラとにせよ、ハイエナにせよ、とにかく今のCGの技術は凄いものですね。ヴィジュアルだけでなく内容的にも素晴らしい出来の作品だと思いました。
Mr.G
2013/02/10 17:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる