ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「インポッシブル」

<<   作成日時 : 2013/06/01 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像












映画 「インポッシブル」

ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが主演を務め、スマトラ島沖地震後に
発生した津波に遭遇した一家の実話を基に描く感動の人間ドラマ。

突如襲った災害により一時は離散してしまうも、
諦めることなく生き抜いた家族の絆を描き出す。

監督を務めるのはデビュー作『永遠のこどもたち』も好評だった
スペインの新鋭フアン・アントニオ・バヨナ。

危機的状況の中、サバイバルする人々の姿をパワフルな映像と
胸打つ物語でつづるバヨナ監督の手腕にうなる。
                          シネマトゥデイ
--------------------------------------------------------

休暇をタイで過ごしている時にスマトラ島沖地震が起き、その後に
発生した津波に遭遇してしまったある一家の物語でした。

死者20万人を出したという大災害でしたが、映画はほぼこの一家を集中的に、
それもまだ幼い長男の少年、ルーカス目線で描いているのが成功していました。

大作志向のディザスター・ムービーでなく、この家族と彼らが災害で出会った
人々との交流をキメ細かく、真摯に描くことに演出の巧さを感じました。

まあ、一家揃って無事で出会えて良かった、良かったという作品でした。

津波のシーンはどうやって撮ったのかと思うほど迫力がありました。

しかし実際の映像をイヤというほど見せられた日本人にはどうでしょうか。

映画の出来には関係ないですが、この映画の津波は本当の大波で、
3・11の現実の津波は、水の壁が延々と迫るようなものだったなと思い出します。

とにもかくにも多くの日本人にとって3・11の記憶は未だ鮮烈に過ぎます。

良く出来た映画に思いましたが、この奇跡的なほどに幸運な家族の影に、
数万もの家族の犠牲が容易に浮かんでしまうという方は少なくないでしょう。

ナオミ・ワッツの熱演が光った作品でした。
























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「インポッシブル」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる