ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ウルヴァリン:SAMURAI」

<<   作成日時 : 2013/09/19 01:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像









映画 「ウルヴァリン:SAMURAI」

『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした
人気アクションの第2弾。

超人的治癒能力と手の甲から飛び出す鋭利な爪を持つウルヴァリンが、
日本で自身の運命を大きく左右する戦いに身を投じる。

『X-メン』シリーズと前作に続き、『レ・ミゼラブル』などの
ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを力演。

メガホンを取るのは、『ナイト&デイ』などのジェームズ・マンゴールド。

一大ロケを敢行して撮影された日本の風景をバックに展開する壮絶なバトル描写や、
ハリウッドでも活躍している真田広之の共演にも注目。
                             シネマトゥデイ
----------------------------------------------------------------

面白かった〜。

ハリウッドの人気シリーズですから、アクションやスピード感は一級品。

特に一番楽しかったアクション・シーンは、なんと全速力で疾走する
新幹線の屋根の上での一対一のバトル・シーン。

走る列車の上でのバトルってのは、他の映画でも度々見た気がしますが、
本作はなんと高速の新幹線の屋根なので、もう殆どギャグのような映像でした。

こればかりか、本作は大作なのにもう突っ込みどころがてんこ盛り。
なんといってもストーリーはやけに大雑把で、胡散臭さ、B級感が満載です。

その原因は、ほぼ全編の舞台が日本であるということにつきました。

この映画を本当に楽しめるのは恐らく日本人に違いありません。

もしかすると例によって、日本の文化、風習がムチャクチャだとして、
憤慨する向きもおられるかもしれませんが、私は大笑いさせてもらいました。

なんかもう確信犯的に、日本はこうあってほしい、と西洋人が思うような
日本がきっとこうなんでしょう。

忍者にサムライ、刀などはテッパンなんです。

あと日本人が混乱するであろうのは、登場する場所とその位置関係。

葬儀のシーンは東京タワーが見えたので増上寺のように見えましたが、
その後ヤクザから逃走するシーンは秋葉原、高田馬場のように見えましたし、
そして何故か上野から新幹線に乗り込むことになってました。

そして何故か名古屋か大阪あたりで途中下車してラブホテルに一泊したあと、
どういうわけだかヒロインたちが乗ったバスは、なんと長崎に到着します。

なんとも楽しい!

この他にもあれれ、と思うことは枚挙にいとまがありません。
是非このDVDが出たらじっくり検証してみたくなりました。



























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ウルヴァリン:SAMURAI」 王道で普通
アメリカでは「X-MEN」シリーズに登場するミュータントの中でウルヴァリンの人気 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/12/21 15:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ウルヴァリン:SAMURAI」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる