ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「カノジョは嘘を愛しすぎてる」

<<   作成日時 : 2013/12/11 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像






映画 「カノジョは嘘を愛しすぎてる」

ベストセラーになった青木琴美のコミックを実写化したラブストーリー。

音楽業界を冷めた目で見つめるサウンドクリエイターと、
シンガーとしての人並み外れた才能を秘めた少女の恋の行方を描く。

『るろうに剣心』などの佐藤健が主演を務め、およそ5,000人もの
候補から選出された大原櫻子がヒロインを熱演する。

メガホンを取るのは、『FLOWERS フラワーズ』などの小泉徳宏。

ロマンチックな物語はもとより、パワフルで臨場感に満ちた
ライブや歌唱シーンにも魅了されてしまう。
                                  シネマトゥデイ
--------------------------------------------------------

このヒロイン、いいじゃないですか!

小泉徳宏監督と言えば、「タイヨウのうた」でYUIさんというスゴい才能を
見せてくれた人ですが、本作のヒロイン、大原櫻子ちゃんも逸材でした。

原作は知りませんがキャラも良く、何よりその歌唱力が素晴らしい。

小泉監督は音楽映画が得意と見えて、歌唱シーンやライブのシーンの出来がいいです。
またその劇中に出てきた楽曲のどれもがヒットチャートを狙えるほどの佳曲揃いに思えました。

音楽映画として、丁寧に手間暇をかけている感じは好印象でした。

日本の音楽業界モノと言えば、やりたい音楽と売れる音楽との葛藤というのに
相場が決まっているようなのが若干不満ではありましたが、王道のストーリーで
少女漫画の世界を見事に実写化した作品と言えるのではないでしょうか。

そう、この映画は女子の喜ぶ胸キュンのラブストーリーど真ん中の作品でした。
どんなところがと言えば、不意を突く感じでハグしたり、キスしたりと・・・

まあ、オジさんとしては気恥ずかしい限りですが、女子にはこれがタマランのでしょう。
もちろん主演の佐藤健クンとかイケメンが演じているからでしょうが。

佐藤健クン、これ以上ないほどのイケメンぶりで
見事に少女コミックの世界のヒーローを体現してくれてます。

反町隆史、相武紗季といった人たちも、いかにもな人物を好演してました。

本作は少女コミックの王道をバランスよく描いて、ヒロインの魅力、楽曲の魅力等々で、
もしかすると女子にバカ受けして大ヒット、なんてことになるかも知れません。



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「カノジョは嘘を愛しすぎてる」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる