ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「大脱出」

<<   作成日時 : 2013/12/20 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像






映画 「大脱出」



シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーの二大アクション俳優が共演し、
洋上にあるタンカー型監獄からの脱獄を描いたサスペンスアクション。

すご腕のセキュリティーコンサルタントであり、自らが設計した巨大監獄からの脱出を
企てる男をスタローンが、彼の前に立ちはだかる囚人のボスをシュワルツェネッガーが演じる。

メガホンを取るのは、『シャンハイ』などのミカエル・ハフストローム。

敵か味方か明かされていない二人の関係の真相や、年齢を感じさせない怒とうのアクションが見どころ。
                                                    シネマトゥデイ
-------------------------------------------------------------------------------

スタローンとシュワちゃんの共演作です!

二大スター共演の脱獄映画というと、S・マックイーンとD・ホフマンの「パピヨン」なんて
もう大分昔の映画を思い出すのですが、果たして本作でこの二人はどんな脱出をするのでしょうか。

まあ、二人とも年を召されましたので、往年のアクションの体のキレなど望むべくもありませんが、
流石に、この二人が同じスクリーンの中でで対峙しているのを見ると、ハリウッドの娯楽映画だなあ、
という感じが満点で、もうそれだけでなんかワクワクとさせてくれます。

ひと昔前ならば、床の下に穴を掘って逃走、なんて展開でも十分ハラハラさせてくれたものですが、
本作のイマドキの最先端の監獄は、施設からシステムまで何から何までハイテクづくしなこと。

こうした脱獄モノ映画の一番の醍醐味は、その手口の斬新さ、トリッキーさ、スマートさなどですが、
その点、類似の作品も多い中、本作は十分に及第点と言えるのではないでしょうか。

スタローンをセキュリティーのプロ、シュワちゃんを何でも調達する囚人のボス、
という設定にしたのも面白く、本作の成功の要因のひとつでしょう。

ま、この二人をただの悪党の囚人とするわけはないのですが。

それにしてもやはりこの二人の存在感は圧倒的で、いろいろあるのはあるのですが
ちょっとやそっとのことではやられるわけがない、という安定感はハンパないのです。

肉体派の二人がいろいろとクレバーな駆け引きなどを見せる前半も良かったですが、
終盤はやっぱり、いつもの体力勝負のアクションの展開となっていくのもマルでした。

これならいろいろと細工せず最初から力技でいけば、というのはナシなんですね。

この二人の大スターの共演作、という期待をほぼ裏切らない面白い映画でした。



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「大脱出」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる