ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「アナと雪の女王 」

<<   作成日時 : 2014/05/07 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




映画 「アナと雪の女王 」


アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、王家の姉妹が繰り広げる
真実の愛を描いたディズニーミュージカル。

触れた途端にそのものを凍結させてしまう秘密の力を持つ姉エルサが、
真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、姉と王国を救うべく
妹アナが雪山の奥深くへと旅に出る。

監督は、『サーフズ・アップ』のクリス・バックと
『シュガー・ラッシュ』の脚本家ジェニファー・リー。

愛情あふれる感動的なストーリーはもちろん、美しい氷の世界のビジュアルや
個性的なキャラクター、壮大な音楽など、ファンタジックな魅力に酔いしれる。

 シネマトゥデイ
------------------------------------------------------------

各賞の受賞や興行成績の好調さも納得の出来の映画でした。

実は今回二度目の鑑賞で、前回は字幕スーパー版で今回は日本語吹き替え版でした。

これがもう、どちらがどうという優劣を付けかねる出来で、特に
主演の王家の姉妹を演じる松たか子と神田沙也加は見事に思えました。

ちなみに今回はGW開けの平日にシネマスクエアとうきゅうで見たのですが、
この劇場でこんなに混んでたのは、あまり記憶に無いほどほぼ満席で
来週からは一番大きなミラノ1での上映に切り替えるということでした。

内容的はディズニー作品らしく、シンプルで分かりやすく尚且つ、ユニークなキャラクターと
スペクタクルでダイナミックな展開と美しい映像で老若男女が楽しめる作品でした。

言うまでもなくミュージカルとしての楽曲の良さも際立っているように思います。

それでなくともいまやTVなどで連日流れる「Let It Go」とか「Do You Want To Build A Snowman」は
これを聴きたくて、再度劇場に足を運びたいと思わせるほど耳馴染んでしまいました。

二度目の鑑賞でしたが、最初に気付かなかったこともいろいろと分かって、
当たり前でしょうが、伏線の回収などは細部まで作り込んでいるという印象を持ちました。

お姫様は最後には王子様と・・・という、ディズニーの王道を軽く裏切って、
更にちょっと意表をつく展開が興味深いエンディングでした。
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「アナと雪の女王 」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる