ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「呪怨 -終わりの始まり- 」

<<   作成日時 : 2014/06/19 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像





映画 「呪怨 -終わりの始まり- 」



Jホラーの代表作として絶大な支持を誇り、ハリウッドリメイクや
番外編も作られた『呪怨』シリーズの劇場版第3弾。

不登校の生徒の家を訪問した小学校教師が、大勢が
不審死を遂げているその家の過去を追体験してしまう恐怖を描く。

ヒロインには女優、タレントなど幅広く活躍している佐々木希。

監督は、『感染』『シャッター』などホラー演出に定評のある落合正幸が務め、
家に関わった者全てに死を招く呪怨の秘密も明かされる。
                                    シネマトゥデイ
----------------------------------------------------------

そろそろ暑い季節になってきます。
暑い夏にはやはりホラー映画が似合います。

呪怨といえばJホラーの定番で、ホラーといえば美女が定番です。
本作のヒロインは佐々木希ちゃんですので、文句ありません!

ホラーには演技力なんかより、恐怖に怯えてもなお美しい表情が絶対なのです。
その点で佐々木希、トリンドル玲奈のキャスティングで半分は成功したようなものでしょう。

さて本編の内容ですが、実に上品なホラーだなという印象でした。

エグいシーン、グロいシーン、スプラッターなシーンは洋邦を問わず
私がこの数年で見たホラー映画の中でも最も大人しい部類の一本でしょう。

大音量といきなりのシーンで驚かす、というような演出も少なく、
そういう心臓に弱い系が苦手な方にも見易く楽しめるホラーでした。

もちろんそういうシーンが全くないわけではなく、そういったものもホラーの醍醐味の一つですから
当然なのですが、それよりも本作は正攻法で原点回帰を目指したように思いました。

上品なホラーでしたが、決してあんまり怖くないという作品ではありません。
やはりホラーをよく知っている落合監督のツボを抑えた演出は冴えていたように思いました。

呪われた佐伯家の秘密や、俊雄の謎や生い立ちとかが次第に見えてきます。
最初はオムニバスのように見えた話が時系列的にすんなりとつながってきました。

ホラー映画のなかには迷彩を施しすぎて最後まで意味不明なところを残したまま終了、
という作品も少なからずあるのですが、本作は分かりやすいところもマルでした。

佐々木希ちゃん、本当に美形で整った顔立ちをしている女優さんですねえ。
彼女の演じる小学校の先生は清楚で美しくて、生徒が羨ましい限りです。

彼女の表情を見るために気軽に劇場に向かうのもいいかも。
お約束の、彼女のシャワー・シーンなんかも一応ほんのちょこっとですがありました。

ホラー苦手だけど見てみたい気もする、というホラー初心者にもオススメです。
























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「呪怨 -終わりの始まり- 」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる