ようこそMr.G

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「思い出のマーニー」

<<   作成日時 : 2014/07/23 01:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像





映画 「思い出のマーニー」


『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、
ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ。

北海道を舞台に、苦悩を抱えて生きる12歳の少女杏奈と彼女同様
深い悲しみを心に宿すミステリアスな少女マーニーとの出会いを描写する。

『ジョーカーゲーム』などの高月彩良と『リトル・マエストラ』などの
有村架純が声優を担当。

主人公たちの目線で捉えた物語に心打たれる。
                                      シネマトゥデイ
--------------------------------------------------------------

ジブリの新作です。

アリエッティの米林監督作品ですが、まずはジブリ伝統の
圧倒的な映像の美しさに目を奪われました。

本作は北海道を舞台としていましたが、湖面の美しさ、
木々の緑の濃淡も古い木造の洋館の佇まいもうっとりするほどでした。

本当に見事でした。
この場面は額に入れて飾りたい、と思う箇所が無数にありました。

それはエンドロールの最後の最後まで続きました。
ジブリ作品の圧倒的な魅力の一つがこの絵の凄さでしょう。

原作は英国の児童文学の古典ということで、王道ではあるものの
少々辛口というか、思春期の少女の持つ繊細さや、苦しみ、残酷さなどが描かれ
主人公は健気でいい子でなければ、なんて人には受けが悪いかもしれません。

特に前半部分は主人公の心の痛みや、彼女の目線で見るこの世界の無神経さ、残酷さが
リアルに表現されていて、少々悲しくて暗い映画かなという印象を受けてしまうかも。

このあたりはきっと米林監督のこだわりなのでしょう。

それでも杏奈とマーニーの出会いからは、ミステリアスで夢か現かのシーンに
次第に惹きつけられていきました。

杏奈とマーニーの関係性が明白となるラストまで一気に見せてくれました。

なるほど、マーニーという少女は杏奈の幼少期の記憶が生んだ、
自分と対照的な、もうひとりの自分でもあるわけですね。

杏奈はマーニーとの時間で、自分の境遇を昇華し、肯定出来るようになります。


大人も子供もみんなが楽しめるのがジブリだろう、これ子供に分かるかな、
というのはきっと大人目線で、杏奈の苦悩は同世代の女の子にはよりリアルに響くのかも。





















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『思い出のマーニー』
□作品オフィシャルサイト 「思い出のマーニー」 □監督 米林宏昌□脚本 丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌□原作 ジョーン・G・ロビンソン□キャスト(声) 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島 進、根岸季衣、黒木 瞳■鑑賞日 7月27日(日)■劇場 TOHOシネマ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2014/10/12 07:15
思い出のマーニー
イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンの児童文学「思い出のマーニー」(岩波少年文庫刊)を、スタジオジブリがアニメーション映画化 ...続きを見る
のほほん便り
2016/06/03 09:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「思い出のマーニー」 ようこそMr.G/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる