「竹島の日」の制定

たまにはちょっといつもと違うカタい話題で。

島根県議会が「竹島の日」を制定する条例案を可決した。

非常にややこしい問題だからこう対応すべきだ、なんていうつもりはない。
でも多少は考えてみたいと思っても、一番身近なメディアのTVなどは
その判断材料すら与えてくれない。そんなにタブーなの。

靖国参拝、尖閣諸島、 歴史教科書等々、ちょっと微妙な問題になると
いつも及び腰になって、あたりさわりのない現象面を伝えるにとどまる。
歴史的な事実を、客観的にもうすこし掘り下げてくれないものだろうか。

これらの問題に、日本人は無関心というより無知なのだと思う。
若い世代になるほど、その傾向が強まるのは仕方のないことだろうが
やっぱり、近隣諸国に対して、過去日本がしてきた侵略の歴史と
敗戦後どんな補償をしてきて、相手国はそれをどう受けているのかを
最低限知っておかないと、これは相当にまずいことだと思うのだ。
意見を述べる前に、事実を知らないのだ。
そして、その事実を知ることですら、段々と難しくなっている気がするのだ。

本や新聞を読まなくなりつつある人たちには、TVが一番有効なのに
サッカーのアジアカップで中国のサポーターが、どうしてああいう行動をとるのか
正直わからなくて、キョトンとするばかりではないのだろうか。

拉致被害者の○○さんが、どこそこへいってこれこれをしました という報道の
何分の一かでも、その背景を伝えて欲しかったのだ。

私、全くラディカルな人間ではない。政治にことさら関心があるわけでもない。
でもホンネです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック