映画 「深呼吸の必要」

映画 「深呼吸の必要」 をDVDにて観る。
これは見事な作品でした。

今のようにDVDやビデオで映画を観る事が、一般的になるちょっと前までは
こういう比較的地味な作品に出会う機会は、非常に限られていました。
でも今は違う。見かけたらぜひ観ていただきたいと思います。

映画の舞台は、話に聞く収穫期限定のサトウキビ刈りアルバイト “キビ刈り隊” のお話。
相当に過酷な作業なので、ちょっとワケありの若者が集まる。

映画は沖縄の自然のなか、キビを刈って、飯を食って、そして寝て、起きて
またキビを刈る。この繰り返しである。

なんか退屈そうな映画だな、と思いますか? いやこれが実に面白い。
彼らの微妙な心境の変化のさまが、じわじわと観る者を惹きつけます。
この映画は、ほぼシナリオ順撮り(ようするにストーリー通り)で撮影されたという。

最初のうち、ぎこちなさ気まずさを見せる “キビ刈り隊” が徐々に変わっていく。
この表情の変化や、キビを刈る斧と鎌のさばきの上達ぶりに嘘がない。

リストカットをした過去を持つ美少女、加奈子を演じた長澤まさみが好演。
この作品のあと、あの「セカチュー」にて、とびっきりの笑顔で大ブレイクの彼女
ここでは終盤に、少しだけ笑顔を見せてくれますが、コレが効きます。

ブランド品を身にまとい化粧に余念のない、場違いなイマドキのオネーちゃん 
悦子を演じた金子さやかは見事でした。彼女の存在がこの映画の成功のカギ
だったような気がします。

“キビ刈り隊”の7人は、いかにもって感じの美男美女揃いですが
彼らの雇い主、農家のおじいとおばあの存在感は、絶品でした。
無条件の包み込むような優しさを、彼らに注ぎます。
特に、加奈子とおばあのやりとりには、胸を熱くさせる場面がありました。

映画は、彼らのワケありのワケの部分を、ことさら掘り下げる描き方をしていません。
ラストも大仰に見せずに、サラリとした感じで、余韻を残した演出に、好感を持ちます。

観終わるととても爽快な気分になる、素敵な映画でした。

ハブは出なかったんやろかー。



深呼吸の必要 (初回限定版) [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 深呼吸の必要

    Excerpt: 「深呼吸の必要」は、去年私が見た映画の中で、一番好きな映画でした。 沖縄の離島で、さとうきびを刈る、 季節アルバイトの若者達を描いた作品です。 若者達の反発、挫折、連帯などがよく伝わってきました。 .. Weblog: ごめり語。 racked: 2005-04-22 13:44
  • ★ DVD映画レビュー「深呼吸の必要」 Very Very Good !!

    Excerpt:  一ヶ月くらい前にDVDで観た日本映画。  滅茶苦茶良かったです。猛烈に感動した映画です。  早くレビューを書いて紹介したかったのだけれど、きちんとしたものを書きたいと思い、なかなか書けずにいまし.. Weblog: *** 身辺雑感 *** (洋楽、映画、読書レビュー、沖縄ネタ、世直し、など)只今の記事数70... racked: 2005-05-06 16:24