全日本女子バレー その2

WG 韓国ラウンドの3試合を観ました。
対ドミニカ戦、対韓国戦でのストレート勝ちは、出来過ぎとも言える出来の良さ。

快進撃を続けるチームの雰囲気の良さは、TVの画面からも伝わってきました。
きっと、コートの選手達もやってて気持ち良かったことでしょう。

ともに、苦しみながらも1セット目を取れたのが勝因でしょう。
さて、3戦目の対アメリカ戦。
その1セット目を接戦の末、落とした日本は結局、3-1で敗れました。

圧倒的な高さとパワーに勝るアメリカのようなチームに、やはり日本は勝てないのでしょうか。
やはり、高さのある大砲が必要だ とか、竹下はウマいけどあの身長では とか
いろいろ言われるでしょうが、私は今の全日本の方向に間違いはないように思えます。

さんざん言い尽くされたことですが、高さとパワーがすべてではありません。
ないものねだりは止めて、変化、スピード、テクニックで勝負していきましょう。

2m近い外国の選手で、高橋や大友や菅山らほど、速くてウマい選手はいません。
これはどうしようもないな という長身の大砲の見事なアタックは、1試合に数本です。
そんなのは捨てていきましょう。

特に、今大会の日本の好調さは、ブロックの良さにあります。
ブロックは高さだけではないことを、証明してくれている気がします。
徐々に良くなってきたブロックを、更に磨いていくことが全日本チームの鍵でしょう。
竹下選手のブロック・ポイントもまぐれではないのです。

今日のアメリカ戦では、サーブレシーブから崩されていったように思いました。
いろいろと問題点を露呈した試合であったので、得るところも多かったのではないのでしょうか。

次のタイ・ラウンドの全日本に期待しましょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

芸能&スポーツ瓦版
2005年07月03日 20:58
お礼のコメントありがとうございます。
ホントに惜しかったですね。

この記事へのトラックバック

  • アゥエーで韓国に勝利しアメリカに惜敗

    Excerpt: 女子バレーは韓国ラウンドに入ってドミニカに3-1で勝利し 昨日は韓国と試合をし完全なアゥエーだったがこち3-0で勝利し 今日のアメリカ戦では3-1でおしくも惜敗した(>_<) 韓.. Weblog: 芸能&スポーツ瓦版 racked: 2005-07-03 20:04