映画 「姑獲鳥の夏」

映画 「姑獲鳥の夏」 の試写を九段会館で。

うーん、残念ですが私にはピンときませんでした。
日本映画ならではの、不気味でオドロオドロしい世界を堪能できるかと思い
期待して真剣にスクリーンに向かいましたが、最後までドキドキワクワクは
させてくれませんでした。

どこがどうだという訳ではないのですが、なにか映画に新鮮さが感じられないのです。
実相寺昭雄監督といえば、我々の世代ではあのウルトラマンやウルトラセブンの方です。
さすがにお年を召されたということでしょうか。

原作は大作ですので、手堅くまとめた感はあるものの、登場人物のほとんどが食い足りず
こちらが感情移入出来るほど、生き生きとしてきません。

ラストの謎解きの場面。原田知世さんは好演しています。
が、姉妹を2役演じられているうえ、姉は不幸なその生い立ちから、多重人格となります。
よっぽどしっかり見ていないと、訳がわからなくなります。

その表情に注目して観てください。
穏やかな笑みをうかべている彼女、無表情で能面のような彼女、粗野で凶暴になる彼女を
是非、見極めてご覧ください。



映画「姑獲鳥の夏」OFFICIAL BOOK

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 姑獲鳥の夏

    Excerpt: 「姑獲鳥の夏」 期待はしてない。実際ね。 だって、原作めちゃくちゃおもしろかったもん。 あれを読んで、映像化されたものをおもしろいと思えるか。 否。 っつうか映像化は無理ってわかってんじゃん。 .. Weblog: 日本一のはきだめ箱 racked: 2005-07-11 20:46
  • 人物相関図を把握するのが大変◆『姑獲鳥の夏』

    Excerpt: 7月21日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 京極夏彦の小説は、何となく難しそうで手が出ない。 …というより、実際難しいのだろう。その映像化も難しいと言われていた独特の世界観が、今回初めて映画になっ.. Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 racked: 2005-09-08 08:03
  • まだ 遅くない FX は まだまだ儲かる商材

    Excerpt:    奥さまがたへ  このごろ いろいろな物がたかくなってますね  原油が上がり ガソリンも高くなって  とうもろこし 大豆 かに・・・・・  これからも値上がりはあります.. Weblog: FXは まだまだ 儲かる racked: 2007-06-03 15:20