映画 「フライ,ダディ,フライ」


今日は渋谷TOEI1にて 「フライ,ダディ,フライ」 を観ました。

映画は非常にシンプルに、良く出来た作品でした。

ヘタレな親父が娘に暴力を振るったワルの高校生に、
一念発起して復讐の戦いに挑むお話。
まあ、「ロッキー」 もそうでしたが、ランニングや つま先で階段登り などで体を鍛えるシーン、
最初はダメダメなのが、徐々に見違えるようにパワーアップしていく様は
お約束なのに、見ていて気持ちよくなるのです。

特訓を指導するスンシン役の、岡田准一君が良かったです。
非常に雰囲気があって、強さ、淋しさを感じました。しなやかな動きも見事でした。

娘役の星井七瀬ちゃん、可愛かったです。
冒頭の、妻がサラリーマンの夫を駅前に 車で迎えに来るところ でのパジャマ姿の登場シーン、
父親が宝物のように想いを寄せる可愛い娘 という設定をこの場面一発でクリアーしてくれました。

いろいろな伏線を張り過ぎて、ラストが収拾つかなくなって尻切れトンボって映画はよくありますが、
この作品はそうではなく、今時珍しいほどのすっきりしたハッピーエンドが心地良かったです。

最後の決闘シーンが、アッサリし過ぎという意見の方もいることでしょうが
”本当の勇気を感じたなら闘わなくてもいい” のですから、あれで良いのです。


と、ここまでで止めようと思っていたのですが、やはり気になってしまった点をいくつか。

情けないおっさん役として堤真一はどうなのでしょう。カッコ良すぎますよね。
本当はバスに乗ってた田口さんやら、温水さんとかが演るべき役なのでしょうが、
それじゃやはり画にならないでしょうか。
特訓初日の堤真一のヘタレ具合は、かえってあざとく見えてしまいました。

実際にはあり得ないことだらけのファンタジーなのは判りますが、やはり暴力に対する復讐劇なのです。
特に、包丁を持って高校に乗り込むシーンはいただけません。

原作、脚本が金城一紀で、主人公スンシンは在日のちょっとワケあり高校生、
悪役として登場する人物が石原、安部、平沢 とかでは、やはりちょっと気になります。

あとはスンシンの心酔する映画が 「燃えよドラゴン」 は良いとして、対する堤真一のは
アンジェイ・ワイダの 「灰とダイヤモンド」 という社会派の最たるあの作品なのも、ウン?と思ってしまいました。


『フライ,ダディ,フライ』VISUAL BOOK ~スンシンの哲学~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フライ,ダディ,フライ

    Excerpt: 『フライ,ダディ,フライ』VISUAL BOOK ~スンシンの哲学~ 加藤 義一 映画館に行くのは今月で3回目です。何やってんだ、自分…。 それはさておき、『フライ,ダディ,フライ』を観.. Weblog: Easy Way Out racked: 2005-07-27 11:08
  • 成島出の正しさ

    Excerpt: 『フライ,ダディ,フライ』が危ういストーリー、バランスの悪いキャスティングなどの悪条件を撥ね退け、青春映画の佳作たりえたのは、一重に成島出が日本で数少ない「正しい映画」を撮りうる才能をもっているからに.. Weblog: 四足商会営業日誌 racked: 2005-07-28 17:26
  • [映画]「フライ,ダディ,フライ」レビュー

    Excerpt: [映画]「フライ,ダディ,フライ」に関するレビューをトラックバックで募集していま Weblog: レビュートラックバックセンター racked: 2005-07-30 09:46
  • 期待を裏切らない面白い作品◆『フライ,ダディ,フライ』

    Excerpt: 6月21日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どうでもいいことかもしれないが、私は岡田准一のファンだ。 どのくらいのファンであるかというと、6~7年くらい前に、自宅PCの壁紙は岡田准一.. Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 racked: 2005-09-08 07:57
  • スンシンの視点で観た場合◆『フライ,ダディ,フライ』 (2回目)

    Excerpt: 7月10日(日)TOHOシネマズ木曽川にて 2回目なので、ネタバレで書きます。未鑑賞の方は、こちらをどうぞ。 ↓ 期待を裏切らない面白い作品◆『フライ,ダディ,フライ』 いつも拝読させて頂いて.. Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 racked: 2005-09-08 08:00
  • ◆映画・フライ,ダディ,フライ~FLY,DADDY,FLY

    Excerpt: 【ストーリー】高校生・朴スンシン(岡田准一)がおっさん鈴木一(堤真一)とであったのは、夏休みの前日終業式の日だった。おっさんは 自分の娘(なっちゃん)を傷つけた石原(須藤元気)がいる高校に包丁を持って.. Weblog: 映画大好き☆ racked: 2005-11-17 22:41
  • フライ,ダディ,フライ 今年の238本目

    Excerpt: フライ,ダディ,フライ な、な、なんなの?この映画は?! う~ん、、、いぁ、、、おもしろくて、結構スカ!っとして、さらに感動までして、、、いいんだケドね、、、別に、映画なんだから、、、でも、ヘンな.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2005-12-14 14:22
  • 【邦画】フライ,ダディ,フライ

    Excerpt: A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B (演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響3/音楽3/.. Weblog: ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! racked: 2006-09-13 16:49
  • 『フライ,ダディ,フライ』 跳べ!オヤジ!

    Excerpt: 平凡な人生が、突然壊された。 平凡だった父は、愛する娘と家族を守るため、 何をする!? 原作も面白かったけど、 映画も面白かったという、稀な一本(笑)。 木登り特訓にお供えをして.. Weblog: *モナミ* racked: 2006-10-06 20:04