映画 「カーテンコール」

画像
映画 「カーテンコール」 の試写を トーキョーシネマショーのイイノホールにて。

オジさんくさい話で恐縮ですが、いまの若い映画ファンは上映中フィルムが
切れて待たされた なんて経験はあるのだろうか。
私が学生の頃、200円、300円の入場料でで名画座に通っていたころは
しょっちゅうといっていいほどありました。特に邦画を観ていたときは。

また、今のように消防法とかがウルサくなかったころは、映画館のドアを開くと
立ち見の客が一杯でスクリーンが見えなかったとか、もっとひどいときは
ドアが閉まらないなんてことも、ままありました。
だから、立ったまま映画を観ることは珍しくなかったし、入り口に”ただいまお立ち見です”なんて
貼り紙がでても、客はどんどん入っていきました。

もっとも、映画全盛の頃を知っているのは、私たちより一つ上の世代でしょう。
でも、この作品が描く映画館の雰囲気は、とてもよく判りました。
この「カーテンコール」を撮った佐々部監督は、私と同学年でした。

ですから、私たちの世代には楽しく観れらた前半部も、若い人が面白く感じたかは判りません。
藤井隆演じる幕間芸人さんの芸も、もともと素人芸という設定ですので、抑えた演出がされています。
物足りなく感じる人も多いことでしょう。

ところが、話がしだいに父と娘の親子の話になるうちに、グンと良くなってきます。

主演の伊藤歩さんが、とても良かったです。
岩井俊二監督の 「スワロウテイル」 での演技が鮮烈でしたが、その後は脇を固める実力派
といった印象の強い女優さんですが、私の好きな女優さんでした。

この作品での彼女は、とても自然体でまたファンになりました。
ありがちな上昇志向の強い、張り切りウーマンとしていないのが良かったです。
夏八木勲の父とのシーン、たいていはここで感情が昂ぶって、声をあらげるなんてふうにしがちですが、
そうせずに、実に静かに見せてくれました。
学生のときに好きだった彼との想い出の防波堤でのシーン、キレイでとても良かったです。

圧巻だったのは、ラストに舞台に上がる井上堯之さんでした。
ギターと唄がうまいのは当たり前ですが、こんなに見事な芝居をしてくれるとは思いませんでした。
正直、藤井隆が老メイクをして唄っても、こんなに感動させてはくれなかったでしょう。
それはもちろん、藤井隆の演技がどうということではありません。

井上堯之さん、藤井隆の ”歌詞間違えて、スッパイダース” というギャグをどう思ったでしょう。

井上堯之さんの舞台を見ての伊藤歩さんの涙は、本当に泣いているように見えました。

基本的にはかなり大甘なメロドラマなんですが、すごく爽やかな後味を残してくれました。

斉州島のやたら気のいいタクシーの運転手さん、最後に道に迷ったというのは
気の利いた彼の演出だったのでしょうか。



「カーテンコール」 メイキング (仮)
カーテンコールメイキング 佐々部清監督と昭和ニッポンキネマ [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ペンシルスカート
2005年09月25日 22:23
はじめまして。
ブーメランコメントというものを初体験させていただきました。(笑)

この記事へのトラックバック

  • 「映画 「カーテンコール」」について

    Excerpt: 「映画 「カーテンコール」」について はじめまして。 佐々部監督をずっと応援しています。他の作品は観られましたか?とくに「チルソクの夏」はおすすめです。(DVD、ビデオレンタルあります) Weblog: Pencil Skirt racked: 2005-09-25 22:20
  • 「カーテンコール」主役は映画館!

    Excerpt:   「カーテンコール」は、映画全盛の昭和30年代、上映の合間に舞台で客席をわかした、幕間芸人にスポットをあてた感動のドラ Weblog: 新作映画ピンポイント情報 racked: 2005-09-27 22:30
  • 映画「カーテンコール」観に行ってきました!!

    Excerpt: 昨日9/17より先行公開されています映画、「カーテンコール」を観てきました!! 全国に先駆けての先行公開、地元を舞台にした映画という事で早速観にいきました。さすが地元が舞台とあって、いつもよりかは観.. Weblog: 馬球1964 racked: 2005-09-27 23:04
  • 『カーテンコール』平々凡々に淡々と生きてゆく。でもそこに劇的...

    Excerpt: 派手な演出も催涙系の劇的などんでん返しもない。でも気がつくと頬がたくさんの涙で濡れていました。…他人の人生にふれることで見えてくるものの数々。お話ししたいことがたくさん見つかる、心にしみる映画です。 Weblog: よろ川長TOMのオススメ座CINEMA racked: 2005-10-09 00:21
  • 『 カーテンコール  』

    Excerpt: 映画 『 カーテンコール  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本   【11月12日ロードショー】  [ 上映劇場  ] 監 督:佐々部清 脚 本:佐々部清 .. Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2005-10-19 02:07
  • カーテンコール

    Excerpt: カーテンコール 公式HP→http://www.curtaincall-movie.jp/ 2004年 日本 上映時間 111分 監督 佐々部清 製作総指揮 - 脚本 佐々部清 http:.. Weblog: 如意宝珠 racked: 2005-10-21 18:09
  • 「カーテンコール」試写会

    Excerpt: 「カーテンコール」 監督・脚本 佐々部清 CAST 伊藤歩/藤井隆/鶴田真由・・・ story  東京の出版社で働いている香織。異動で福岡のタウン誌へ。故郷である下関の映画館”みなと劇場”の取.. Weblog: ミチミチ racked: 2005-10-27 18:02
  • 韓流なんて言うけれど・・・

    Excerpt: 9/17から山口・小倉で先行上映された 「カーテンコール」を見に行きました。 (←店内には大きな飾りが・・・) (チラシとフリーペーパー) 前回が初々しい役者陣で構成されていたのと.. Weblog: 幻想軌道広報 racked: 2005-11-14 21:02
  • カーテンコール

    Excerpt: 「ニューシネマ・パラダイス」のような作品と思っていたのですがイメージと違いました。作品に散りばめられたものはどれも良いのにそれを活かしきれていないというのが勝手な意見。勿体ないという一言に…惜しい作品.. Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★ racked: 2005-11-15 20:22
  • 「シビアな問題」は必要だったのか?◆『カーテンコール』

    Excerpt: 11月15日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 香織(伊藤歩)は東京の出版社で、写真週刊誌の契約記者として働いていた。スクープ写真をモノにし、これで正社員になれると思って喜んでいたのも束の間、写真.. Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 racked: 2005-11-19 15:06
  • カーテンコール

    Excerpt: 04年 日本 05年11月公開 監督:佐々部清 原案:秋田光彦 脚本:佐々部清 Weblog: 銀の森のゴブリン racked: 2006-06-24 01:38
  • カーテンコール

    Excerpt: カーテンコールDVDレンタル&販売中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価 Weblog: シネマ de ぽん! racked: 2006-07-13 11:55
  • カーテンコール (DVD)

    Excerpt: カーテンコール 2004年製作 2005年11月12日 劇場初公開 公式サイト: http://www.curtaincall-movie.jp/ ゴウ先生総合ランキング: A-/B+.. Weblog: 映画と本と音楽にあふれた英語塾 racked: 2006-10-05 22:56
  • 「カーテンコール」(2005)

    Excerpt: 熱情鑑賞日記 わたくしが子供の頃、通っていた小学校門前の文房具屋の塀にいつも映画のポスターが貼られていた。 Weblog: りるる文庫 racked: 2006-12-09 04:48