映画 「男たちの大和 YAMATO 」

画像


映画 「男たちの大和 YAMATO 」 を渋谷TOEI1にて。

今時の中学生に聞くと、日本は昔戦争をしていたということは知っているけど
じゃあ 勝ったの負けたのとか、どこの国と戦ったのと聞くと、ウーンと唸ってしまったり
千差万別の答えが返ってくるらしい。

それは彼らのせいではなく、きちんと伝えない私たち大人が悪いのです。

戦争の悲惨さを描いた映画は、数え切れないほど作られて私たちは沢山観てきました。
けれど最近ではそれも少なく、若い人たちは日本の戦争映画を観た事があるでしょうか。

今日は「男たちの大和 YAMATO 」を観てきました。

この映画についても、感ずるところは人それぞれでしょう。
それは戦争についての捉え方、考え方がさまざまですから当然そうなることと思います。

今、この作品が公開され、満員御礼が出るほどの客足の良さであると聞き
とても意味のあることではないかと思います。

まだ10代の若い年少兵を多く載せ、一機の護衛もなく、片道分の燃料のみで沖縄へ向かう戦艦・大和。

この映画の新しさは、それらの年少兵の目線で描かれているところでした。
ややもすれば、特攻精神や滅びの美学といったあたりを強調されがちですが
あの時代に、愛する人のため、大事な人の住む日本に目前にまで近づいた敵に対し
命の限り戦うということが、恐ろしくも当たり前のことであった様子がよく描けていたと思いました。

監督は佐藤純彌監督。かつて「新幹線大爆破」などで、大いに楽しませてくれましたが
もう70を超えられたお年ですので若干不安でしたが、流石にソツのない造りで
この戦争を遠い絵空事でなく現代に通じる話なのだ、というふうに見せた演出は上手いと思いました。

ですから、戦争を知らない世代へ最低限の状況を説明するために
あのニュース映像やナレーションは必要であったのです。

勝ち目のない最後の戦いに向かうため、大和に乗り組む兵隊たちとその家族や恋人たちとの別れの場面。
どれも泣かせてくれますが、とりわけ良かったのは妙子役の蒼井優ちゃん。

大画面に映る彼女の笑顔、涙。目に焼きついて離れません。

大和最後の戦闘シーン。戦闘というより、戦いであった部分は最初のほんのわずかの時間で
あとは圧倒的な物量の米軍の総攻撃を受けるだけといった壮絶なシーンでした。

この数十分間の戦闘シーンの迫力は、日本映画のみならずここ何年かに観た映画のなかでも
出色の出来であったと思います。

でも私がこの映画で一番衝撃を受けたのは、この後にありました。

激しい戦闘の末、九死に一生を得て生き延びた神尾(松山ケンイチ)が、戦死した親友の母を訪ねるシーン。
そこで親友の母(余貴美子)が神尾に言い放つ言葉。(ここでは書きません。ぜひ映画をご覧ください。)
そう言われた神尾がなんといって地べたに頭を擦り付けるか。あまりに悲しいシーンでした。

その60年後の今の神尾を仲代達也が演じます。
この神尾が命を賭けて守ろうとしたものは何だったのか。
神尾がこの60年をどう思って生きてきたのか。

日本が戦争をしていたのは、60年前のことです。
たかが60年、されど60年です。
決して風化させてはいけないものが、この映画にあるのではないでしょうか。


男たちの大和/YAMATO

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sakura
2005年12月21日 22:21
今夜ハリポタを見てきましたが、やはりこれを読むと、大和も行かねばならじ…年末にでもと、思いましたよ。
Mr.G
2005年12月21日 22:41
sakuraさん、いつもコメントありがとうございます。
ぜひ観にいらしてください。そして行かれたらまた
感想をお聞かせください。

この記事へのトラックバック

  • 男たちの大和 YAMATO

    Excerpt: 戦後昭和との決別を果たす 渾身のジャパンムービーは、 大和の国の男たちの強い想いを描く Weblog: エンタメ!ブレイク? racked: 2005-12-21 05:41
  • 『男たちの大和/YAMATO』見てきました

    Excerpt:  終戦60周年記念映画「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督)が17日、全国東映系映画館で公開されました。  「男たちの大和/YAMATO」オフィシャルサイトはこちら。  私こと事務局長.. Weblog: 朝日歌壇鑑賞会【今週の作品】 racked: 2005-12-21 21:23
  • 男たちの大和 YAMATO その2

    Excerpt: ●『男たちの大和 YAMATO』2005年12月17日公開。公開まで後一ヶ月。なんだか地元広島では盛り上がりつつあります。呉の大和ミュージアムもかなりの動員があるらしい.. Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ racked: 2005-12-22 16:06
  • ■週末の学び12/23「大和」~男たちの大和/YAMATO必見です~

    Excerpt: ※明日が祝日なので 一日繰り上げます   急遽内容を変更して贈ります   水上特攻って知ってますか?   大切な何かを守るために 命をかけたことはあり.. Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2005-12-23 14:03
  • ■週末の学び12/23「大和」~男たちの大和/YAMATO必見です~

    Excerpt: ※明日が祝日なので 一日繰り上げます   急遽内容を変更して贈ります   水上特攻って知ってますか?   大切な何かを守るために 命をかけたことはあり.. Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2005-12-23 14:04
  • 男たちの大和/YAMATO

    Excerpt: 約一ヶ月ぶりの映画ネタです。 丸の内東映で先週公開された「男たちの大和/YAMATO」を見てきました。 原作者の辺見じゅんが1945年に東シナ海沖に沈没した戦艦大和の 乗組員の生存者と遺族を取材し.. Weblog: ナナシ的エンタメすたいるNet racked: 2005-12-24 02:42
  • 男たちの大和/YAMATO

    Excerpt: 2005年の終わりに届けられた力強い戦争映画。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2005-12-24 10:46
  • 「男たちの大和」昭和は終わらない

    Excerpt: 「男たちの大和」★★★☆ 反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ主演 佐藤純彌監督、2005年日本 あえて言うなら 無駄な死を目にして 悔しくて堪らなかった。 無駄な死というより 無残.. Weblog: soramove racked: 2005-12-25 20:57
  • 映画『男たちの大和 YAMATO』 佐藤純彌

    Excerpt: <戦後60周年記念作品>と銘打たれた戦争巨編!! 嗚呼、日本男児たるもの、これを観ずにいられましょうか!!! ということで観てきました。うーむ、困ったな。なぜ困ったのかというと、まったくグッと.. Weblog: ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 racked: 2005-12-25 22:51
  • 重厚、武骨な作品 「男たちの大和 YAMATO」

    Excerpt: YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』- ?「男たちの大和 YAMATO」 正月映画の中で、製作発表時から、 ダントツ期待値が高い2作品、 「キング・.. Weblog: わたしの見た(モノ) racked: 2005-12-26 08:42
  • 映画「男たちの大和」を観に行きました!!

    Excerpt: 「男たちの大和」を観に行きました。 「LORELEI」や「亡国のイージス」を観た僕としては こういうたぐいの日本の映画は、ちょっとガッカリする部分が多いので あんまり期待してなかったんで.. Weblog: たっちの病弱日記(主に風邪) racked: 2005-12-30 17:23
  • 激しく胸打つ「男たちの大和/YAMATO」

    Excerpt:  戦争映画は好きではない。血なまぐさいのもダメだし、戦艦や武器へのマニアックな視点=軍事マニアも大嫌い。タイトルもダサイしなあ。だから「男たちの大和/YAMATO」は観るのに、ためらいがあった。世評が.. Weblog: 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記 racked: 2006-01-02 12:18
  • 男たちの大和

    Excerpt:  戦艦大和の最期、そしてその乗組員の生き様・死に様を描いた大作。 本作の制作をきっかけに、日本は「大和ブーム」になったという。粗筋 2005年。 九州を一人の女性が漁村を訪れ、太平洋のある海域にまで連.. Weblog: 非常に適当な本と映画のページ racked: 2006-01-04 09:02
  • 「男たちの大和」観た

    Excerpt: ↑拙作です↑1. 「男たちの大和」観た 本日は1日で、映画の日。 1000円で映画を観ることができるということで映画館に向かったが、観たいのがなかなかない。 そんな訳で、観たのが男たちの大和 全体的に.. Weblog: メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記 racked: 2006-01-04 09:02
  • 男たちの大和

    Excerpt: まさか泣くまいと思って行ったら、泣いてしまった・・(/_;) 1リットルの涙であの河本先輩を演じた松山ケンイチさんを目当てに 行ったのです。 脇役かと思ってたら、実質主役でしたねぇヾ(@⌒▽.. Weblog: ブログ ド ガジュマル  racked: 2006-01-09 21:45
  • 男たちの大和/YAMATO

    Excerpt: やっと「男たちの大和/YAMATO」を鑑賞。 先ず、見終わった感想は...泣けた。ずーっと泣いてた。 特攻作戦命令の強引な所など、おかしな点もありますが、 全体的には、そんな事は気にならない.. Weblog: 懐かし屋.com racked: 2006-01-11 18:35
  • 映画「男たちの大和 YAMATO」

    Excerpt: 尾道で戦艦大和の映画用セットを原寸大(艦首から190mまで)で作成しているというニュースは随分前から流れていたので興味があった。 物語は戦後60年、ちょうど大和が沈んだその海のその日.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-01-15 17:18
  • 映画「男たちの大和」を観に行きました!!

    Excerpt: 「男たちの大和」を観に行きました。 「LORELEI」や「亡国のイージス」を観た僕としては こういうたぐいの日本の映画は、ちょっとガッカリする部分が多いので あんまり期待してなかったんで.. Weblog: たっちの病弱日記(主に風邪) racked: 2006-01-18 01:40
  • 映画「男たちの大和」を観に行きました!!

    Excerpt: 「男たちの大和」を観に行きました。 「LORELEI」や「亡国のイージス」を観た僕としては こういうたぐいの日本の映画は、ちょっとガッカリする部分が多いので あんまり期待してなかったんで.. Weblog: たっちの病弱日記(主に風邪) racked: 2006-01-18 16:06
  • 映画「男たちの大和」を観に行きました!!

    Excerpt: 「男たちの大和」を観に行きました。 「LORELEI」や「亡国のイージス」を観た僕としては こういうたぐいの日本の映画は、ちょっとガッカリする部分が多いので あんまり期待してなかったんで.. Weblog: たっちの病弱日記(主に風邪) racked: 2006-01-18 16:09
  • 「大和」世界航海 40か国・地域100社からオファー !サイパン出発前に

    Excerpt: 映画「男たちの大和/YAMATO」が40カ国からオファー Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-02-14 20:40
  • 男たちの大和/YAMATO

    Excerpt: 評価:★10点(満点10点)   監督:佐藤純彌 主演:反町隆史 中村獅童 松山ケンイチ 仲代達也      蒼井優 鈴木京香 2005年 145min 大和の仲間こそ本.. Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) racked: 2006-08-15 09:13
  • アロンソとYAMATOとバースディー

    Excerpt: 7時前に起床し背中の消毒でに出掛け売店で少年ジャンプを購入し に帰宅しパソコンで2ブログのコメント&TB返しなどをしたりしながら の今季2戦目マレーシアGP決勝の結果などを本館ブログに更新し ビ.. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2007-04-09 22:24
  • もう会えない君を、守る。「男たちの大和/YAMATO」

    Excerpt: Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2011-08-15 01:05