映画 「the EYE2」

画像


映画 「the EYE2」 の試写を科学技術館サイエンスホールにて。

今日の映画はホラーです。前作 「the EYE」の続編ということです。
ストーリー的には関連などないようですが、前作はJ・ホラーの影響を
感じつつも、なかなか出来の良い作品だったと思います。

なにより、主演のアンジェリカ・リーという女優さんが、可愛かったので
本作も少し期待しつつ、試写に向かいました。

さて、上映開始です。
序盤から快調にツボを押さえた演出で、怖がらせてくれました。
さあ、くるぞくるぞと音楽で盛り上げて、ドーンといってみたり
またまた、きたきたと待ち構えていると、ちょっと肩透かしを食わし
フッと息を抜いた瞬間にドカンときたり、なかなか見事でした。

ホラーとして、一段とパワーアップした感がありました。
でも、どこか清水崇監督や中田秀夫監督のテクニックを手本にしたような
雰囲気があったように思えました。

”人が死に瀕したとき、または子を身籠ったときに霊を見ることがある。”
ということで、前半は脈絡なく、いろんなことが主人公ジョーイに起こって
これが実に怖いのです。

一体どうして、とか何故なんだろう、と理屈が判らないうちは
何が次に起こるんだろうと、興味津々で観ていられ、とても楽しめるのです。

大抵のホラーがそうであるように、この映画も終盤で話のオチ的なものが
語られ始めると、恐怖感は急速に萎んでいってしまいました。

前半の語り口がとても快調に思えただけに、ちょっと残念でした。
この手のホラーは、無理に辻褄合わせようとしないで、不条理な部分を
残したまま、あれは何だったのというエンディングも、ありではないでしょうか。

かくいう私にしても、日本映画「輪廻」を観たときは、辻褄の合わなさが不満で
消化不良な気がしたのです。観客はワガママなものです。

冷静になって考えると、ツッコミどころも多い作品でした。
夫が不倫相手からの電話に出ただけで、妻があんな行動を取るでしょうか。
死んでからあれだけ恨むなら、生きてるうちになんとかせーよ とか
まあ、ホラーは観客を驚かせてナンボですから、このあたりはスルーしましょう。

主演のスー・チーさんはずっとスッピンだったようで、前作のアンジェリカ・リーほど
可愛くありませんでした。ちょっとブサイクに年を取った上戸彩といった感じです(失礼!)。


それにしても、女性は恐ろしい。(^^;)





the EYE (アイ) デラックス版
the EYE (アイ) デラックス版 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • the EYE2 試写会

    Excerpt: かなりの・・・・久々更新   です  (;´▽`A``      いろいろあったんで…はい。すいません。言い訳です( ̄* ̄ ) この試写会もこの前桜見に行ったときに見たです .. Weblog: キャバ嬢このはの気まぐれ日記 racked: 2006-04-20 05:20