映画 「デイジー」

画像


映画 「デイジー」 を観ました。

映画の面白さはさまざまですが、美男美女が現実の世界では、ちょっとありえない設定で
運命的な出会いをし、悲運のヒーロー、ヒロインを演じるそのさまを
観客ひとりひとりが自身を投影し、その主人公になりきって画面にのめりこむなんていうのも
映画の楽しみ方のひとつでしょう。

この映画はそういう、いっとき夢を見るのにうってつけの、おとぎ話のような作品でした。
ぜひこの映画を観ながら、チョン・ジヒョンやチョン・ウソンになりきって楽しみましょう。

全編通してなされたアムステルダム・ロケの美しさが、まず眼を瞠るものでした。
こんなところが実際にあるんだと、ビックリしてしまうような冒頭の田園の風景。
花が咲き乱れるなかに、穏やかに蛇行して流れる一本の小さな川、
そこには丸太をそのまま渡しただけの橋がありました。

そこに、絵を描くために自転車でやってくる画家の卵のチョン・ジヒョン。
なんて魅力的な表情を見せる女優さんなのでしょうか。
「猟奇的な彼女」での、激情型でコミカルな味は影を潜め
「イルマーレ」のときのような押さえた演技で見せてくれます。

彼女以上の美形の女優さんも、韓国には居ることでしょうが
雰囲気があって、何気ない表情がとても魅力でした。
ほぼスッピンのようなメイクに見えましたが、キレイでした。

まだなにも事件が起きていない、序盤のなんてことのないラブ・ストーリーが
とても良くて、このままずっとぼんやりとチョン・ジヒョンを見ていたいなあと思いました。

そんな魅力的なチョン・ジヒョンなので、彼女に出会った二人の男は、すぐに恋に落ちます。
ひとりはインターポールの刑事のイ・ソンジェ。そしてもうひとりは殺し屋のチョン・ウソンです。

異国の地で、運命的な出会いで恋に落ちる、画家の卵と刑事と殺し屋。
この現実離れしたおとぎ話をすんなりと受け入れられれば、この映画はすごく面白い作品です。
私はとても楽しめました。

チョン・ジヒョンの想いの揺れ動くさまが見事でした。
居眠りしたりする表情も可愛いのですが、中盤からの声を出さずに表現する
悲しみを湛えた表情やしぐさに惹かれます。

この三人が一堂に会してしまう場面があり、中盤ののひとつのクライマックスになっていました。
三人のそれぞれの想いが交錯するシーンでしたが、ここでも私はチョン・ジヒョンに釘付けでした。

大方の予想通り、映画は悲劇的な方向へと結末に向かいます。
観客のあなたは、果たして一体誰に感情移入したことでしょうか。

徹底的にリアリティを追求した作品を観て考えさせられる、というのも良いですが
この作品のように、上手に気持ちよく夢を見させてくれるのが映画です。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うぞきあ
2006年05月27日 23:11
gooブログからTBすると、どうして文字化けするのでしょうね?
あっしゅ
2006年06月02日 23:45
あっしゅです。TBありがとうございます。この映画予想通りすごく良かったです。三角関係ですが、パクウィがすごく切なくて、好きなんだけどうまく表現できない彼の気持ちすごく共感できて思わずなきそうになりました。チョン・ジヒョンは「猟奇的な彼女」のイメージが強くて、今回運悪く喉に弾があたり声がでなくなっちゃったんだけど、最高の演技でした。最後、絵を掲げた時、出るはずの無い声が出て、パクウィに気持ちをぶつけて欲しかったです、正直。そうだったら、10点満点でしたねぇ。

この記事へのトラックバック

  • �ǥ�����

    Excerpt: ���֥ѥ�������õ���ץ�����Τ褦�ʥ����ץ˥〓$ä����ɡ��饹�Ȥˤϡ֥���〓�õ���ץ�����⤢�ä��Τ$ȵ��Ť��ޤ����� Weblog: �ͥ��Х�Dz�� racked: 2006-05-19 08:33
  • 映画vol.60『デイジー』※試写会

    Excerpt: 『デイジー』(2005年公開)*TV 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン 公式HP 『デイジー』を試写.. Weblog: Cold in Summer racked: 2006-05-21 12:32
  • DAISY(試写会)

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  待つ愛・芽生える愛・秘める愛   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-05-22 16:06
  • DAISY

    Excerpt: 一ツ橋ホールの「デイジー」試写会に行ってきました。「私の頭の中の消しゴム」でチョン・ウソンのファンになったので、待望の新作です。 最初はヘヨン(チョン・ジヒョン)の日常が映され、彼女のかわいらし.. Weblog: まぁず、なにやってんだか racked: 2006-05-26 22:24
  • 感想/DAISY デイジー(試写)

    Excerpt: 今までの韓流より随分スタイリッシュな作品と言ってよさそう、5月27日公開『デイジー』。"わたけし"のチョン・ウソンと、『猟奇的な彼女』&"ボクカノ"のチョン・ジヒョンというコンビに、アンドリュー・ラウ.. Weblog: APRIL FOOLS  racked: 2006-05-27 07:25
  • DAISY デイジー

    Excerpt: 「DAISY・デイジー」 2006年 韓/中 ★★★★☆ オランダを舞台に、3人の男女の愛が絡み合い、もつれあう。 DASIY・・・・君は デイジーの花のように可憐で純真だった・・・・。.. Weblog: とんとん亭 racked: 2006-05-27 22:08
  • �ǥ�����

    Excerpt: ���Ĥ�����ɥ�塼���饦���ǡ������åդΣ��䤬��ͤ$����ʡ� ��ή�ȸ$����ϡ���qDz�Υƥ����Ȥ〓���a������˴ڹ�Dz�� ���ڤʤ��ɤ〓���.. Weblog: �����������ξ� racked: 2006-05-27 23:05
  • デイジー

    Excerpt:     評価:★9点(満点10点) 監督:アンドリュー・ラウ 主演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン イ・ソンジェ 2006年 125min オランダで骨董店を.. Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) racked: 2006-05-29 22:02
  • デイジー

    Excerpt:     評価:★9点(満点10点) 監督:アンドリュー・ラウ 主演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン イ・ソンジェ 2006年 125min オランダで骨董店を.. Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) racked: 2006-05-29 22:02
  • 『デイジー』鑑賞!♪d(^-^)

    Excerpt: 『デイジー』鑑賞レビュー! 愛は、枯れない。 花に想いを託して。 命がけで愛を貫く....。 花言葉は、『心に秘めた愛』....。 製作年▶2005年 原題.. Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! racked: 2006-05-30 06:17
  • デイジー DAISY

    Excerpt: たぁ~っ、こりゃまいった! すんごく良かった~[:拍手:] 想像してた以上に良かったです[:グッド:] 脚本も良し、構成も良し、ロケ地も良し、俳優がこれまた良~し、の何拍子も.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2006-05-30 13:37
  • �ǥ�����(�Dz��)

    Excerpt: ���ϡ��Ϥ�ʤ��� CAST:�e�〓����〓e�〓��ҥ�〓������〓����e�〓ۥ��� ¾ ���ڹ〓�125ʬ �ڹ�Dz��Dz�ۤǴѤ�Τϡ֥�����ɥܡ����װ���$.. Weblog: �Ҥ�ᤷ�� racked: 2006-05-30 20:35
  • デイジー

    Excerpt: お気に入りの監督に大好きな役者が出ていて面白くないはずのこの映画・・・ 期待通りに楽しむことが出来ました。映像が美しく三人のそれぞれの切ない表情が心から離れなかったです。こんなに切ない映画は久しぶり.. Weblog: Alice in Wonderland racked: 2006-05-31 14:59
  • ��֥ǥ�������

    Excerpt: �Ҥ���Υե����Х�åȽ�ͥ����ΤҤȤꡦ�����e�〓��ҥ���顣 ����Ρ����פϡ����äȤꤷ�Ƥ롦�����äƱ��$��ɡ������� ����ϡ��e�〓�����.. Weblog: �Ҥ���Ū�Dz�֥� racked: 2006-06-01 02:45
  • 映画『DAISY』

    Excerpt: オフィシャルサイトの主人公占いはジョンウになった飯野友理です。 清弘さんも行かれたようですね、DAISY 。 『私の頭の中の消しゴム 』の次はこれで泣く、というコピーがはいっていました.. Weblog: GiRLSGATE --エンターテイメントBlog-- racked: 2006-06-01 10:35
  • 【劇場映画】 デイジー

    Excerpt: ≪ストーリー≫ オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2006-06-01 19:28
  • 데이지: デイジー

    Excerpt: 『デイジー』見てきました。 よかったです。  映画が終わってクレジットが流れるな Weblog: 口惜しいけれど韓流かつ racked: 2006-06-02 01:05
  • デイジー

    Excerpt: 期待値:86%  女1、男2の恋愛韓国映画。 オランダが舞台なので、美しい田園風景も見られるようです Weblog: 週末に!この映画! racked: 2006-06-03 00:30
  • 映画「デイジー」

    Excerpt: 原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 なぜかあまり意味があるとは思.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-06-03 21:36
  • �ǥ�����

    Excerpt: �ڹ�Dz�����ϡ������!����Ѥǻ�鳨���d���-�إ����ͤ���-�˰�������֥��ȡ��꡼�ʤΤˡ��ϥåԡ�����ɤǽ����ʤ����������ʥ.. Weblog: �ᤶ�������� racked: 2006-06-04 10:57
  • ��ϡ���ȱ��ȥ����ߥ〓��إǥ�������

    Excerpt: �����$�����ˡ����ʱ�̿��é���˽�ͤ�ʪ��Ǥ��� Weblog: ������Υ��ͥ��� racked: 2006-06-06 21:32
  • 「デイジー」

    Excerpt: ‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶ.. Weblog: 雑板屋 racked: 2006-06-08 03:35
  • 「デイジー」チョン・ジヒョンがもっと輝いて欲しい

    Excerpt: 「デイジー」★★★ チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ主演 アンドリュー・ラウ監督、2005年、韓国 出会った事も無い人の優しさを 唯一の「愛」として大切に心にしまい込んだ主人.. Weblog: soramove racked: 2006-06-09 00:52
  • 「デイジー」見てきました

    Excerpt:  僕の彼女を紹介します、私の頭の中の消しゴムに続く、感動作(と言われている)デイジーを見てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2006-06-13 00:31
  • 『デイジー / DAISY』 ☆今年53本目☆

    Excerpt: 『インファナル・アフェア』を始め、フィルム・ノワールを得意とするアンドリュー・ラウと、純愛物語を得意とするクァク・ジェヨン、そしてチョン・ウソン、チョン・ジヒョンというアジアの才能溢れるスタッフが集ま.. Weblog: honu☆のつぶやき ~映画に恋して~ racked: 2006-06-18 08:02
  • 『デイジー / DAISY』 ☆今年53本目☆

    Excerpt: 『インファナル・アフェア』を始め、フィルム・ノワールを得意とするアンドリュー・ラウと、純愛物語を得意とするクァク・ジェヨン、そしてチョン・ウソン、チョン・ジヒョンというアジアの才能溢れるスタッフが集ま.. Weblog: honu☆のつぶやき ~映画に恋して~ racked: 2006-06-18 08:03
  • デイジー

    Excerpt: 千日前セントラル 韓流ブームというが、おかしな言葉だと思う。韓流がブームだという。韓が流でブームなのかもしれない。意味がよくわからなくなってきた。韓国映画がやってきて、もう何年になるだろうか。長い。.. Weblog: 映画評論家人生 racked: 2006-06-23 02:50
  • DAISY・デイジー

    Excerpt:  『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』『僕の彼女を紹介します』の脚本家クァク・ジョエンの作品。韓国純愛ドラマにはただの一度もはまりませんでしたが、私はこの脚本家の書くラブストーリーが大好き。チラシなんか.. Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 racked: 2006-06-27 14:20
  • 目線が変わると物語の印象も変わる。『デイジー・アナザー・バージョン』

    Excerpt: 先に日本で公開された韓国映画、『デイジー』と同じストーリーをチョン・ウソン演じる暗殺者の目線から描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2006-06-28 14:48
  • デイジー-(映画:2006年94本目)-

    Excerpt: 監督 アンドリュー・ラウ 出演 チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ 評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) オランダを舞.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2006-07-15 21:57
  • デイジー-(映画:2006年94本目)-

    Excerpt: 監督 アンドリュー・ラウ 出演 チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ 評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) オランダを舞.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2006-07-15 21:57
  • デイジー

    Excerpt: かなり前に試写会が当たって観てきましたー! 「私の頭の中の消しゴム」でソン・イェジンの相手役として 不器用な男性役を好演したチョン・ウソンが出演しているので 彼がフューチャーされがちですが、 .. Weblog: きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ racked: 2006-08-27 06:16
  • デイジー

    Excerpt: みなさま、こんにちは 楽しい3連休をすごしましたか? 私は会社はお休みでしたが... Weblog: らーぷのお家でタイ料理 racked: 2007-02-13 17:10
  • DAISY【韓国映画】

    Excerpt: DAISY(2006年) 見ました。 原題:デイジー 데이지 邦題:DAISY デイジー <超概略のあらすじ> 1人の女性を同�.... Weblog: Kio -朔北- De nuevo racked: 2008-03-09 12:35