映画 「イルマーレ」

画像



映画 「イルマーレ」 を観ました。

キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの二人が主演のアメリカ映画です。

ご存知の方が多いでしょうが、同名の韓国映画のリメイク作品です。
オリジナルはその後の「猟奇的な彼女」などで大ブレイクのチョン・ジヒョンの
初々しく瑞々しい演技が魅力の、切ないラブ・ストーリーでしたが
ハリウッドがリメイクするとこうなるんだという、いかにも対照的な味わいの
映画になっていました。

湖畔にぽつんと立つレイク・ハウスを引っ越そうとするサンドラ・ブロックが
次の住民宛に、もし自分への手紙が誤って配達されたら転送して、
と書いた手紙が届いたのは、このレイク・ハウスの前の住民キアヌ・リーブス宛にでした。

この、2006年を生きるサンドラ・ブロックと、2004年を生きるキアヌ・リーブスの
不思議な文通から始まるラブ・ファンタジー作品なのでした。

韓国オリジナルの若いカップルから、もう中年といっていいキアヌとサンドラの
二人は、洒落て落ち着いた、余裕のある大人のラブ・ストーリーになっていました。

顔も知らない同士の二人が、あっという間に惹かれ合うのが不自然、とかいう
感想も目にしますが、キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックをキャスティングした時点で
この二人が恋に落ちるのは当然、として画面を見ていますので全く気になりません。

静かで、淡い色彩で叙情的に思えたオリジナルが、とても分かりやすく華やかな
印象の映画になりました。

2年の時を経ての二人の会話も、同じ場所、同じ画面で見せてくれたり
楽しい演出が多くありました。

P・マッカートニーの音楽も雰囲気を盛り上げます。

しかし、この分かりやすさと、ハッピーエンドでなければ映画じゃないとでも
いいたげなハリウッド伝統のサービス精神が、この映画の評価を分けるところです。

オリジナルのすれ違いの切なさに対し、今作ではキアヌはサンドラに会いに行って
ダンスをし、キスまでしてしまいます。

ラストに至っては、いかにハッピーエンド好きでもアレレ、と思ってしまうかも知れません。


(これからこの映画を観ようとする方、また韓国版のものも見てみようとする方は
以下は読まないでください。激しくネタばれしています。)


こういうタイム・ワープものには、せめてその場だけでも上手くだまされたい
と思っているのですが、後でツラツラ考えるまでもなく、これだけムチャしてしまうと
アラが目立ちます。

サンドラがキアヌの事故に遭遇したとき、彼だと判らず後で”あなただったの”
などという。ダンスをし、キスをした仲なのに。

キアヌの事故を事前に知ったサンドラは、彼に手紙で私を探しに来ないでと
事故を回避させようとする。

彼が死ななかったならば、レストラン「イルマーレ」で会えたはず。

しかしそうすると、彼の弟の”兄は2年前に事故で死にました”という発言がおかしくなる。

いずれにしても、感動のラストに登場するキアヌは、文通で交際を続けた彼ではなく
更に2年経った彼であるのです。

ちなみに韓国オリジナルでも、二人はラスト・シーンで出会うのですが
出会う日時が違うのでした。

韓国版の彼イ・ジョンジェが海辺の家”イルマーレ”に彼女チョン・ジヒョンを
訪ねるのは、オープニングのシーンと同じ日、そう彼女が引っ越そうとした日に
彼は彼女の前に現れるのです。

怪訝な表情で”どなた?”と聞く、彼のことをまだ知らないチョン・ジヒョンに
”これから僕がする話、信じてくれる?”という、彼女からの手紙を手にしたイ・ジョンジェ。

どうですか、韓国版の方が圧倒的にセンスがいいと思うのですが。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sakura
2006年10月02日 21:12
こんばんは。友達とみました。この文を読んでそのうち公開される韓国版を見よう!と決めました。ハリウッド的だけど、最後がハッピーエンドじゃなかったらどうしようどうしよう…と気をもんでいましたよ~。夢物語はそれでいいかと、日常の疲れを忘れることはできました。
Mr.G
2006年10月03日 00:35
そうですねえ。とにかく初めにハッピーエンドありきの、この映画にタイム・パラドクスがどーのと、したり顔で批判すべきではないですね。
ちなみに韓国版は2001年度の作品ですので、そのうち公開されるかはどうでしょう・・・。
sakura
2006年10月03日 18:56
TB有り難うございました!(まだやり方がよくわからない)韓国版はハリウッド版の時に予告編やってましたから、そのうちやりますよ~。見に行きます。
苗坊
2006年11月07日 09:24
おはようございます。
TBさせていただきますね^^
私はオリジナルの作品は観ていませんが、結構切なかったみたいですね。
観てみたいとは思ってるのですが・・・。
なかなか見つかりません。
突っ込みどころは満載ですが、ハッピーエンドが好きなので、良しとします^^
お二人が美しかったです。

この記事へのトラックバック

  • 「イルマーレ」(米) 物語に抱かれる心地よさ

    Excerpt: 同名の韓国映画のアメリカ版リメイクです。 オリジナル未見なので比較はできないので Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2006-10-29 16:04
  • イルマーレ

    Excerpt: 緩やかに進む進展。「待つ事」が出来る大人の愛。すべてが運命であっても、きっと未来を変えることが出来るはず。「ニューヨークの恋人」をはるかに上回るラブファンタジーの傑作!本年度劇場観賞90本目。 Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2006-11-04 07:35
  • イルマーレ 試写会

    Excerpt: 始まりは2006年にお気に入りの「湖の家」から引っ越す事になったケイトが、次の住人に宛てて書いた一通の手紙。 その手紙は、2004年に「湖の家」で暮らすア.. Weblog: 苗坊の読書日記 racked: 2006-11-07 09:22