映画 「犬神家の一族」

画像



映画 「犬神家の一族」 を観ました。

東京国際映画祭も今日で終了。
クロージング作品は、市川崑監督30年ぶりのセルフ・リメイク「犬神家の一族」。

監督は御年90歳(!)とのことでまず最大の敬意を払いたいと思います。
政治にせよ何にせよ、年寄りは静かに引退すべしというのが、日頃の私の持論ですが
猛烈なエネルギーを必要とするように見える、映画の監督をこの年齢で
努められることに驚嘆せざるを得ません。

さて映画です。

私は1976年版も観ていましたが、なんせ30年も前のことストーリーの細部は
ほぼ失念していて、ただ佐清のマスク顔の不気味さぐらいを憶えていたのみでしたが
映画が進むうちに、そうそう、と記憶が蘇るのでした。

今作はさすがにセルフ・リメイクだけあって、非常にソツなく、登場人物も多い
かなりややこしい話を、見事な編集と無駄のない語り口で見せてくれました。

次々に起こる事件を混乱させることなく、テンポ良くきっちりと描いて
観客を飽きさせませんが、その分若干アッサリとしてしまった印象を持ちました。

あの横溝正史のおどろおどろしさが、前作の方がより感じられたような気が
するのですが、それは私が年を取ったからでしょうか。

この映画、上映時間は2時間15分あり(ちっとも長く感じませんでしたが)
時間的な制約があるのでしょうが、もうすこしゆったりと犬神家の一族の
魑魅魍魎とした不気味さとか、犯人捜しに迷彩を施すようなカットを加えたほうが
個人的には良かったかなと思います。そうすると3時間の大作になってしまいますが。

キャスト陣も大変豪華で良かったです。
何より石坂・金田一耕助が走りっぷりも若々しく、健在ぶりがウレしい限り。
ベテランの俳優さんたち、特に女優陣は熱演でした。
加藤武さんの”よーし、わかった”がまた聞けた楽しさ。

松嶋菜々子サンは相変わらず凛として美しく、奥菜恵サンは出番は少なかったものの
存在感を示してくれました。
反面、岸部一徳サン、中村玉緒サンなんかはちょっともったいない気がします。

印象的だったのは、深キョン。
恐ろしげな犬神家の人々と対照的な爽やかさ、キュートさで
映画全体の一服の清涼剤となっていました。
(深キョンが演じた女中のはるさん、前作では確か坂口良子サンが演じていました。)

思えばはるか30年前、プールで逆立ちして両足をニョッキリ出し、”スケキヨ~”
と叫んで遊ぶのが流行っていました。。
何度かドラマ化されましたので、世代を超えてみんなやりましたよね。

人気blogランキングへ
画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Boh
2006年12月08日 15:06
こんにちわ、TBさせていただきました。
>>プールで逆立ちして両足をニョッキリ出し、”スケキヨ~”
と叫んで遊ぶのが流行っていました
スゴい遊びが流行ってたんですね(汗)ちょっと見てみたい気もしますが(笑)
Mr.G
2006年12月09日 08:46
Bohさん、ご訪問ありがとうございます。
”スケキヨ~”遊びは、当時のガキンチョはみんなやったものです。
大昔のことですが・・(笑)
またお寄りください。
sakura
2007年01月22日 22:51
やっといけました。映像のスピードがゆっくりで、背景や建物も凝って時代をよく映してました。出演者が豪華でしたね。私ももっといやらしくどろどろした方が、横溝作品の醍醐味かな、と思いました。石坂浩二さんには脱帽しました!
Mr.G
2007年01月22日 23:15
オリジナルとそっくりでしたね。当たり前か。
でもさすがに、安心して見ていられる良作でした。
これぞ職人芸というところでしょうか。

この記事へのトラックバック

  • 東京国際映画祭クロージング作品・ワールドプレミア『犬神家の一族』舞台挨拶@オーチャードホール

    Excerpt:             意味はないが、過去最長(たぶん)のタイトルにしてみた(爆)市川崑監督が自らメガホンを取り、30年.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2006-10-30 13:18
  • 市川監督の「犬神家の一族」の評判

    Excerpt: 「犬神家――」は過去に何度も映像化されている。 最も有名なのは、76年に公開されて大ヒットを記録した市川崑監督(90)の作品だろう。 “日本映画の金字塔”といわれる自身の代表作を、市川監督.. Weblog: 瞬★旬!キーワード~このヒトだあれ? racked: 2006-11-02 13:14
  • 犬神家の一族

    Excerpt: 12月16日に公開される「犬神家の一族 」 それに合わせてか、先日、日本映画専門チャンネル で、“24時間 まるごと金田一耕助”という企画をやっていました。 日本映画専門チャンネルで.. Weblog: お日柄もよく映画日和♪ racked: 2006-11-03 00:02
  • 映画 『犬神家の一族』

    Excerpt: 東京国際映画祭のクロージング作品。Bunkamura オーチャード・ホールで鑑賞。『犬神家の一族』  2006年原作 : 横溝正史監督 : 市川崑上映の前に授賞式とかがあってね、それですでにお疲れモー.. Weblog: Death & Live racked: 2006-11-03 00:23
  • 感想/犬神家の一族(試写)

    Excerpt: 御歳91!の市川崑監督セリフリメイク作『犬神家の一族』12月16日公開。信州の大富豪である犬神家の当主が死去。その驚くべき遺言が明かされたのを機に次々と殺人事件が起こる。どうする名探偵・金田一!? .. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2006-12-03 10:54
  • 「犬神家の一族」試写会レビュー レビューじゃなしに

    Excerpt: 完璧でしょ。原作や旧作を観ていない勉強不足のエセ芸大生にとってもそう感じられました。さて公開後の反響や興業はどうなるでしょうか。日本映画の信念を貫いた上での成功を期待しています。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-12-08 01:20
  • よーし、わかった!by加藤武【犬神家の一族】

    Excerpt: いろんな映画のリメイクを見てきましたが 監督自らセルフ・リメイクってのは珍しいで Weblog: 犬も歩けばBohにあたる! racked: 2006-12-08 15:04
  • よーし、わかった!by加藤武【犬神家の一族】

    Excerpt: いろんな映画のリメイクを見てきましたが 監督自らセルフ・リメイクってのは珍しいで Weblog: 犬も歩けばBohにあたる! racked: 2006-12-08 15:20
  • 映画「犬神家の一族」

    Excerpt: 映画『犬神家の一族』の試写会に行った。 Weblog: いもロックフェスティバル racked: 2006-12-10 00:22
  • 『犬神家の一族』

    Excerpt: 試写会にて、見てまいりました、『犬神家の一族』。 オープン間近な「シネプレックス枚方」のお披露目の意味もあって、ドリンクやフード付、しかも「王の男」とのダブル試写会と、普通とはちょっとちがった豪華.. Weblog: てぃーちゃーのプライベート racked: 2006-12-13 21:06
  • 犬神家の一族 - 日本映画史上最高のミステリー -

    Excerpt: 犬神家の一族 30年前のリメイクらしい。 オレはてっきり孫と美雪ちゃんがでてくるものだと…w ジッチャンノナニカケテ! 30年前の映画など見てるはずもなく、 金田一シリーズは初めてだったのですごく.. Weblog: jyu STUDIO racked: 2006-12-17 04:46
  • 映画『犬神家の一族』試写とドラマ『東京タワー』感想

    Excerpt: 『犬神家の一族』映画試写会見に行ってきました。あと,…もしかして,あの盗作ブログ騒ぎでずっと棚上げ状態?ドラマ『東京タワー オカンと僕とときどきオトン』の感想もちょろっと。 Weblog: D.D.のたわごと racked: 2006-12-17 08:24
  • 「犬神家の一族」:神谷町駅前バス停付近の会話

    Excerpt: {/kaeru_en4/}おや、こんなところに骨董屋。 {/hiyo_en2/}東京には骨董品店がまだまだたくさんあるのね。 {/kaeru_en4/}30年前の「犬神家の一族」のDVDは置いてない.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2006-12-17 19:30
  • 観てきました新「犬神家の一族」

    Excerpt: 藤司純子「犬神家の一族」サスペンス 144分 2006 日本 東宝 Weblog: 名画案内所 racked: 2006-12-17 20:44
  • 「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ 

    Excerpt: 「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。 Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2006-12-18 01:12
  • 『犬神家の一族(2006)』

    Excerpt:   『犬神家の一族(2006)』   金田一さん、事件ですよ――   1976年、角川映画第1弾として公開された『犬神家の一族』、当時はポスターにV字開脚の画がデン!と載っていてインパクトを.. Weblog: 唐揚げ大好き! racked: 2006-12-24 06:43
  • 「犬神家の一族」見てきました。

    Excerpt:  1976年の同名映画のリメイク、犬神家の一族見てきました。金田一耕助の映画やドラマって断片的には見たことあっても、きちんと見たことないので、楽しみにしていました。 Weblog: よしなしごと racked: 2006-12-24 15:05
  • 『犬神家の一族』鑑賞!

    Excerpt: 『犬神家の一族』鑑賞レビュー! 金田一さん事件ですよ― 市川崑×石坂浩二という 絶対無比のコラボレーションで あの金田一耕助が帰ってくる! ★revie.. Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! racked: 2006-12-25 00:57
  • 犬神家の一族(2006/日本/市川崑)

    Excerpt: 【新宿スカラ】 信州の犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛(仲代達矢)が永眠した。佐兵衛には腹違いの3人の娘、松子(富司純子)、竹子(松坂慶子)、梅子(萬田久子)がおり、それぞれに佐清(尾上菊之助)、佐.. Weblog: CINEMANIAX! racked: 2006-12-26 21:24
  • 犬神家の一族

    Excerpt: 12月16日より公開してます。 監督 市川 こん 主演 石坂浩二、松嶋菜々子、尾 Weblog: いろいろと racked: 2006-12-27 20:20
  • 「犬神家の一族(2006)」 おかげでトラウマはなくなりました

    Excerpt: ミステリー映画はよく観ますし、推理小説もかなり読みます。 けれども1976年版「 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2006-12-29 23:35
  • 犬神家の一族(2006年公開版)

    Excerpt: あれから30年も経ったのか。。。 私がいくつになったかということはおいといて、 観て来ましたよ。 お正月にふさわしい豪華キャスト! あらすじは1976年公開の「犬神家の一族 」と全く一緒。 .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-01-03 21:16
  • 「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ (追記) 

    Excerpt: 「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。 Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2007-01-18 18:25