映画 「ありがとう」

画像



映画 「ありがとう」 を観ました。

まずこの「ありがとう」 というタイトルに皆さんはどういう印象を持たれるでしょう。

同名映画もあったし、随分前になりますが超有名なTVドラマもありました。
なによりあまりに茫洋とし過ぎていて、映画の内容の一片すら
想像出来ないのは、損ではないでしょうか。

赤井英和、田中好子主演の阪神・淡路の大震災にまつわる
実話の映画化という情報だけを持って、試写に向かいました。

正直に言って全く期待していなかった作品でした。
しかし、この映画にはヤラレました。素晴らしい出来に思いました。

TV局とタイアップしてCMをバンバン流す、なんてことはない映画なので
ひとりでも多くの方に、劇場に足を運んでもらいたいと願いつつ
この拙いレビューを記すことにします。

映画は大まかに二部に分かれています。

前半は阪神・淡路の大震災の描写でした。
主人公がカメラ店を営む、長田地区の鷹取商店街は
特に被害が大きかったところのひとつでした。

未明に大きな揺れが来て、赤井英和扮する古市忠夫は
家族の安否を確認すると懐中電灯を手にし、一歩家の外に出ると
そこには崩壊した家、家、家。

そしてすぐに火災が発生し、古い木造住宅の密集する街は
消火活動さえままならず、火の海と化します。

このあたりは、当時のTVのニュースに釘付けになった記憶が
いまだ鮮明ですが、あたかも被災地の只中にいるかのような映像は
見事な出来栄えで、恐怖を覚えるほどでした。

実際に被害に遭われた方々の恐怖や苦悩、その後の絶望感たるや
どれほどのものであったかと、察するに余りありました。

ディザスター・ムービーとしての出来の良さもさることながら
この作品の素晴らしさは、その視線の誠実さにあるように思いました。

未曾有の大災害を見世物とするならば、もっと派手なシーンを
多く見せることは可能であったでしようが、そうはしていませんでした。

それよりも、日本各地から消防車が駆けつけ、ボランティアが応援に来て
救援物資が積まれている画が、これみよがしでなくさりげなく描写されます。
こういうところに胸が熱くなるのです。

映画からちょっと離れますが、地震や台風の被害を毎年のように
受ける日本、災害時に企業や団体、そして個人でも
すぐにコトを起こす人が現れ、後を絶ちません。売名と呼ばれようがいいと思います。

トルネードで被災を受けたアメリカで、避難勧告を受けるも家が荒らされる
という理由で避難出来ない、というニュースを聞いて(単純に比較は出来ませんが)
日本の国民性との違いを、誇りに思えた瞬間を思い出しました。

後半は、生かされたことを感謝し、街の復興を図る主人公が
還暦間近にして、プロゴルファーを目指す姿が描かれます。

前半部の出来が良かったので、後半の展開がベタベタとなり
映画全体として、違和感を感じる出来になりはしないかと
少々心配でしたが杞憂でした。

妻役の田中好子さん(私の世代にはいくつになってもスーちゃんです。)が
とても良く、赤井英和との関西ノリの掛け合いは楽しいものでした。
泣かせどころと笑いの緩急が絶妙でした。上手い脚本でした。

プロテスト最終日の18番ホールなどは、少々演出が過ぎた感が
しないでもないでしたが、心地よく観られました。

なにか説得力があるように感じられたのは、実話がベースであったことと
赤井英和さんの演技もあったでしょうか。
彼はもちろん元ボクサーで、根っからの俳優さんではありませんが
ハマったときの存在感はスゴいものがあると感じます。

そしてキャディー役の薬師丸ひろ子さん!
最近の彼女はどれも素晴らしいのですが、今回の彼女も実に良くて
その素性は語られなくとも、女性の優しさ、強さ、聡明さに母性まで
感じるような魅力的な女性でした。キャディーさんを演じているだけなのにです。
それにメガネをかけた凛々しい表情のキュートなこと。

他の俳優さんも好演しています。
アレっと思う方も何人か登場されていました。

ぜひ観に行かれん事を。

人気blogランキングへ
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【劇場鑑賞131】ありがとう

    Excerpt: 大切なのは、感謝して生きる気持ち。 1995年1月17日 阪神淡路大震災発生 これは、再び笑顔を取り戻した人々の勇気と感動の実話。 苦しなったら顔上げて、 奥歯折れるまでか.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-11-29 19:54
  • 映画「ありがとう」

    Excerpt: あれからまだ、12年も経ってないんだよね、もう随分昔の遠い出来事のように感じてしまうのだが・・彼は59歳11ヶ月の史上最年長でプロテストに合格した 1995年1月17日、真冬の夜のま.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-12-06 01:07
  • ありがとう(日本)

    Excerpt: 鑑賞券が届きました! なぜだか職場にもポスターが貼られている映画「ありがとう」を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:赤井英和 、田中好子 、薬師丸ひろ子 .. Weblog: 映画でココロの筋トレ racked: 2006-12-09 09:50
  • ありがとう

    Excerpt: 11月25日全国ロードショー  出演 赤井英和、田中好子、薬師丸ひろ子 ほか   Weblog: いろいろと racked: 2006-12-10 13:41
  • 実話に基づく感動巨編「ありがとう」見てきました。

    Excerpt:  もう終了間近ですが、ありがとう見てきました。いつも行く映画館では昼間しかやっていないので、会社帰りに見に行くこともできずに、遅くなってしまいました。 Weblog: よしなしごと racked: 2006-12-17 15:30
  • 映画「ありがとう」

    Excerpt: 知っているところがいっぱいでてきました。 まず冒頭のヘリで向かう神戸の街の風景でぐっときてしまいます。 自分の街を上空から眺めるだけでどうしてそんなと思われるかもしれませんが、神戸の上空をヘリで飛.. Weblog: 神戸トピックス racked: 2006-12-17 20:38
  • ありがとう

    Excerpt: 16日は「硫黄島からの手紙」、「暗いところで待ち合わせ -Waiting in the Dark-」を観たんですが、ま、 Weblog: 欧風 racked: 2006-12-21 22:59